画像ポップアップがSimplicityで標準機能に!カンタン拡大表示

スポンサーリンク
現在このブログは、「Simplicity2」の後継テーマ『Cocoon』(β版)に変更しています。

Simplicity2.6.1のバージョンアップによって、画像をポップアップ表示(拡大表示)するJavaScriptプラグインのbaguetteBox.jsが、標準機能として追加されました。

レスポンシブ対応ということで、どんなものなのか、さっそく使ってみました!

こういうのです ↑ クリックしてみてください

拡大表示したほうが、美味しそうですね (*´ڡ`●)

Simplicity以外をお使いの方は、「寝ログ」にWord Pressへの詳しい実装手順が書かれていますので、そちらをご覧下さい。
スポンサーリンク

Simplicityで画像ポップアップ(拡大画像)の設定

  • Simplicityを2.6.1以降にバージョンアップします
Simplicity2のダウンロード
無料WordpressテーマSimplicity2のダウンロードはこちらです。インストール方法はこちら。テーマのアップデート方法は、以下を参照してください。Simplicity2のダウンロードWordPress4.1以上、PHP5.4以上で
Simplicityのアップデートでウィジェットが消えた?救世主テーマ現る
Simplicityアップデート専用テーマ「Smooth Update 」でウィジェットが移動してしまうのを回避。FTPを使わず管理画面からアップデートしたい派には嬉しい救世主の専用テーマ♪使い方をご紹介します。
  • Word Pressの設定

「ダッシュボード」→「外観」→「カスタマイズ」→「画像」から、baguettebox(スマホ対応)に  チェックを入れ『保存して公開』します。

baguettebox simplicity

baguetteboxを使った画像ポップアップ表示の使い方

HTMLソースコード

  • パターン1
 <a href="拡大画像のURL">
    <img src="サムネイル画像のURL" />
  </a>
  • パターン2
 <a href="拡大画像のURL">
    <img src="サムネイル画像のURL" width="200px"  />
  </a>
  • 「メディアライブラリ」にアップした画像のURLを、上記コード内”拡大画像のURL””サムネイル画像のURL”にそれぞれコピーします。
  • パターン2のコードは同じ画像のURLで、サムネイル画像用に幅を指定しています。
    width=“200px”》の数値をお好みで調整して下さい。



ビジュアルエディタで簡単に画像ポップアップを使う方法

HTMLソースコードを書かなくても、ビジュアルエディタを使用すれば、もっとカンタンに画像を拡大表示することができます。

  • 画像を挿入したい場所で「メディアを追加」から、お好みの画像を選びます。

  • 画面右下にある「添付ファイルの表示設定」で、「リンク先」にメディアファイルを、「サイズ」でサムネイルー150×150を選んだら、投稿に挿入をクリックします。

この方法だと150pxになりますが、かんたんに画像ポップアップ(拡大画像)を表示することができて便利です。

– おまけ –「添付ファイルの表示設定」で、リンク先にカスタムURLを選び、任意のURLを指定すると・・・


↑ こんなこともできますよ(笑)

「大きな画像でみてもらいたい」「大きい方が説明がわかりやすい」、用途に応じて使ってみるのもいいかもしれませんね♪

【プラグイン不要】AdSense広告をWordPress記事内にカンタン配置・挿入
プラグインを使わずアドセンス広告をワードプレス記事本文、任意の場所へ簡単に表示させる方法。コピペするだけで設定完了。挿入したい箇所へ[ad]と入力するだけ!ラベルを中央配置・文字サイズや色の変更も可能。
トップへ戻る