『宇宙銀行』や『引き寄せの法則』これだけは知っておきたい量子力学の世界

『宇宙銀行』や『引き寄せの法則』を使いこなすには、少しは理解しておかなけらばならない

【創造・意識・思考・波動・エネルギー】

このような、よく登場するキーワードが存在します

意識(思考)したことが、波動(エネルギー)となって、創造する(願望を叶える・物質化する)このような解釈になりますが

では、どうしてそうなるのか?

あまり理解していない人が多いような気がします・・・

少なくても、わたしの周りには

「しらな~い ヽ(´ー`)ノ 」

こんな感じの友人が多いです(汗)

信じる、信じない・・・そういう話は、とりあえず置いておくことにして、、

人間の意識が = 現実化する

人間の意識が = 変化をもたらす

これが科学的根拠にもとづいた解釈で、『引き寄せの法則』や『宇宙の法則』は発動するんだよ~

と言われている説明を、わたしなりにしてみたいと思います。

少しだけ難しい話しになりますが、これを何となくでも理解しておくとおまじない魔法の類ではない!と思えてくるでしょう。

今まで常識だと思っていた全ての概念が変わるかもしれません。

わたしは専門家ではありませんので、超カンタンにザックリと、いきますね(汗)

スポンサーリンク

意識したことが現実化すると言われる理由

この世に存在する全ての物質、つまりビルや車や人間も、小さく小さく分解していくと

最小単位の素粒子となります。超ミクロの世界です!

物理学では突き詰めていくと、万物はエネルギーということになるので、この宇宙に存在する全ての物質はエネルギーで出来ている。ということになります。

二重スリット実験でわかったこと

二重スリット実験

エネルギーには『波(波動)』としても『粒(物質)』としても振る舞う、二重性を持つことが二重スリット実験で明らかになったのですが

おもしろいことに、観測されている時には『粒(物質)』として振る舞い、観測されていない時には『波(波動)』として振る舞うことが、量子力学で証明されました。

『この世界が仮想現実であることを示す証明式』の「二重スリット実験」がとてもわかりやすいです。

それらのことから

  • 人間が観測(意識)した時=創造される(物質化する)
  • 人間が観測していない時=波動のまま(物質化していない)

ということになるため『引き寄せの法則』『宇宙銀行』などでは、思考・意識することが願望を叶えることとなり

「思考(意識)は現実化する」

「意識は全てを創造する」

「宇宙は創造して作られているいる」

などと言われています。

スポンサーリンク

二重スリット実験(応用実験)

米国ノエティック研究所の、ディーンレイディン博士によって

二重スリット実験の応用で、人間の意識が量子の振る舞いに影響をあたえていることを裏付けるような、面白い実験が行われました。

一定のタイミングで、片方のスリットだけを通過するように

「念じる」

という、なんとも斬新な?実験を250人に行ったところ・・・

あきらかに「人間の意識が関係していると思われる結果(縞模様)」があらわれました。

そして、その結果を偶然だとした場合の確率は『50万分の3』という低さになるそうです。

まとめ

まだまだ知っておきたい知識はありますが、今日はこのへんで。

脳科学的に『引き寄せの法則』を理解したい方は 

脳科学的に証明?引き寄せの法則《ブレイン・プログラミング》願望実現
『引き寄せの法則』が上手くいかない原因は潜在意識にあり?脳をじょうずに騙せば願望が実現できる。眠っている9割の無意識を引き出して、思い通りの人生を引き寄せましょう。
トップへ戻る