最近、目の調子が悪くて更新頻度がおちています ><

亡くなった人と夢で会うには気持ちの整理が必要かもしれません

スポンサーリンク

先日ブログに、猫の国から帰ってきた愛猫の話を書いたのですが、その一週間ほど前にも、似たような体験をしていました。

スポンサーリンク

夢の中で亡くなった人との会話

それは、2年半程前に亡くなった知人と、夢の中でいろんな話をしていたようでした。

不思議な事に、話の内容は覚えていなくても、かなり長い時間、冷静に会話をしていた記憶だけが残っていたのです。

ただ、体勢は少し変でした・・・仰向けに横になっている私の上に、重なるように乗っかって話をしていました。

このへんが、リアルではありえないですね・・・会話しづらいし(笑)

そして「そろそろ行かないとイケナイから!」と告げた直後に、お別れの挨拶をしてフッと消えてしまい、その瞬間パッと目が覚めました。

ソウルメイトって何?「ソウルグループ」と「グループソウル」の違いは?
ソウルメイトとはどういう存在?見分け方はあるの?そんな謎や「ソウル・グループ」と「グループ・ソウル(類魂)」の違いをわかりやすく説明します。ソウルメイト(魂の伴侶)の意味を知って魂に磨きをかけましょう。

上に乗っかっていた感触や温もりが残っていてこれは夢?現実?・・・あまりにもリアルで、だいぶ混乱してしまい

ベッドに座りなおして、しばらく呆然としながらも、心の中で葛藤です

「いやぁ~夢でしょ」「でもこの感触はなに?」「温もりはどう説明する?」「声が脳裏に残ってるよ?」

いろいろ考えた結果、やっぱりただの夢じゃない「会いにきてくれた!」と思えたんですね

嬉しくて涙が止まりませんでした。

気持ちの整理がつき始めた頃に

最近、夢の中でいろいろ体験させられたり、夢を通して見させられている?と感じる事が増えました。

「亡くなった人に会いたい!」と、悲しみのどん底に居た頃はじめたヘミシンクでしたが、心に余裕が無い頃は、夢で会うことも難しかった気がします。

数年の時間を経て、気持ちの整理がついた頃、楽しかったことを思い出して笑えるようになった頃に、いろいろな形で繋がりやすくなるのかもしれませんね

あちらの世界へ旅立たれた方も、私達と同じように、気持ちの整理や次への準備など、都合があるのかもしれません

どんなタイミングで来てくれるのかわかりませんが、次回は、何を話したか覚えていたいものです (^_^;)

トップへ戻る