最近、目の調子が悪くて更新頻度がおちています ><

亡くなった人から貴方へ送る『愛のサイン』気づいてあげていますか?

スポンサーリンク

天国へ、一足先に旅立たれた方々も、生きていた頃と同じように、私達のことを応援しながら見守ってくれています。

時には、あちらの世界から

  • 何かメッセージを伝えたい
  • 思い出して欲しいことがある
  • いつも見守っていると知らせたい

そういった場合、思いもよらぬ方法で『コンタクト』してくることがあるのです。

亡くなった方からメッセージを受け取るには、「霊感が必要なのでは?」と思うかもしれませんが、霊感はどんな人でも持っていて、もっといえば私達も霊です。

亡くなられた方との違いは肉体があるかどうかだけ、魂(意識)は私達と同じように、エネルギーとして存在していますから

霊感が有る、無い…ということよりも【存在そのものを認めることができるか…】そのことの方が『サイン』に気づく上では、とても重要になります。

「気のせい」「ただの偶然」と片付けていた出来事も「何かのサインかもしれない…」と考えるようにしてみると、いろいろな場面で気づきが増えることでしょう。

こんな時、あなたを大切に思っている方々から、『愛のサイン』を送っている可能性が高いですよ! という例を体験談を交えて紹介します。

ぜひサインに気づいて『メッセージ』を受けとって下さい。

スポンサーリンク

匂いがする

あちらの世界へ行かれても趣味・嗜好は変わりません。むしろ時間やお金を気にしないぶん、こちらに居たときよりも満喫していることでしょう。

受け取る側の私たちにとっても、『匂い』のメッセージは、もっともわかりやすいサインかもしれません。

よくいわれているサインの一つに

  • タバコ
  • 香水・コロン
  • 整髪料
  • コーヒー

などがありますが「あなたなら、きっと気づいてくれる」という『匂い』ですから、大のカレー好きな方ならば、スパイスの香りかもしれませんね。

わたしの経験では明け方が多いのですが、寝ている時にタバコの匂いが「ふわっ~と」鼻に入ってくることがあります。

いつも決まって一度だけ、一吹き?というのでしょうか、「おや?」という感じで軽く目覚めます。

するハズのない場面で、亡くなられた方を連想させる香りがした場合、あなたの近くに居ることを伝えたい『サイン』かもしれません。

「いつも見守っていてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えてみると、喜んでくれるかもしれませんね。

シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)

直感やひらめきなどを含め、信じられないような偶然を経験することがあります。

シンクロニシティという《スピリチュアル用語》は、『引き寄せの法則』にも用いられるので、ご存知の方も多いかもしれませんが

あの世も、この世も、引き寄せの法則も…共通するところはエネルギーであり、振動数(波動)があります。

つまり、この宇宙に存在する全ての万物はつながっている!と考えればわかりやすいかもしれません。

なにか答えを探しているとき、たまたま目に飛び込んできたCMや看板がヒントになったり、「知りたい」と思っていた情報が偶然テレビで紹介されたり・・・

  • たまたまテレビをつけたら
  • たまたまチャンネルを変えたら
  • 信号待ちで、ふと看板を見たら
  • いつもと違う道を通ってみたら

数え上げたらキリがないほどですが、誰しもが「小さな偶然~人生を左右するほど大きな偶然」まで、何度か経験したことがあるはずです。

意識・無意識にかかわらず、あなたに意味のある出会いを「引き寄せた」ともいえるのですが

この「偶然」や「引き寄せ」と思える出来事には、亡くなった方を含め、あなたを見守っている仲間(守護霊・ガイドなど)の粋な計らいや導きが大きいのです。

例えば、友人にクイズを出題したとします。友人は一生懸命に考えているのですが、なかなか答えが出ません。

そんなとき、気がつくと当ててもらいたい一心で、次々と「ヒント」を出していた・・・そんな経験ってありますよね

このように、あなたを見守っている方々からも、いたるところに意味のある「ヒント」が与えられています。

偶然だと思っていた出来事も、あの手この手で導かれた事に気がつくと、人生が楽しくなり、考え方も変わるかもしれません。

「偶然」や「幸運」には、いろいろな導きがあることを知り、感謝の気持ちを持つようにしましょう。

映像が浮かぶ(フラッシュバック)

フラッシュバック

亡くなった方を想っている時には、もちろんその人の顔や声、出来事などが目に浮かびますよね。

ただ、予期せぬ時と場面で、脳裏に映像が「パッ」と一瞬だけフラッシュバックすることもあります。

例えば、悲しいドラマを入り込んで見ている時、亡くなった友人とラーメンを食べたシーンが「パッ」と脳裏に浮かんだり・・・

もちろんドラマの内容とは何の関連もなく、ラーメンを食べた記憶すら無いのですが、一瞬で店内の様子から自分の感情までが鮮明に蘇り

「そういえば一緒にラーメン食べた!」と後から思い出す程です。

こういう体験を何度かしていますが、最近では「こんなこともあったよね!覚えてる?」という感じで、思い出させられているなぁ~と笑ってしまうことも。

「今のは一体なに?」と困惑することもありますが、「どういう意味だったのかな・・・」と考えてみると、メッセージに気づくかもしれません。

メッセージの意味は後になって気づく場合もあります。「おや?」と思う出来事があればノートに書いておくのもオススメですよ!

気配を感じる

怖がりの人にとっては、あまり体験したくないかもしれませんが、生きている人間同士でも、視線を感じて振り向いたら、やっぱり見られていた!そんな経験ありますよね。

亡くなった人も同じエネルギー(気)ですから、ちょっとしたタイミングで、波動をキャッチすることもあります。

  • 影が横切った気がした
  • 視線を感じた
  • カーテンや花が揺れた
  • 風が吹いた・空気が動いた
  • 耳鳴りがした

気づいてほしくて『サイン』を送っていたところ、あなたが上手にキャッチできたのだと思います。

怖がりの私は、全身がゾーッとしたこともありましたが、よくよく考えてみると、「あれ? 嫌な気配がしなかった!」と感じ取れるようになりました。

姿が見えないので怖さを感じるかもしれませんが、あなたを大切に思う方から、嫌な気配を感じるハズがありません。

きっと伝わったことを嬉しく思っているハズです。こちらからも感謝の気持ちを伝えてみましょう。

触れられる

この辺りになると、間違いなく気づく『サイン』になりますが・・・

ふわーっと触られたり、撫でられたりすることがあります。

  • 肩や足を触られる
  • 頭を撫でられる

そっとあなたの肩に手を置いたり、子供の頃されたように、頭を「ヨシヨシ」と撫でてくれていることもあります。

疲れているあなたを心配して、体をマッサージしてくれていることも!

じつは、はじめて経験したときに、恐怖のあまり部屋から飛び出してしまったのですが、冷静になってみると嫌な感じどころか愛情を感じたほどでした。

しばらくの間は、足を触られた時の「ふわーっと」した優しい感触に、どういったメッセージがあるのか考えていたのですが

マッサージと知ってからは「まさに、これだ!」というもので、今ではそうとしか思えず、ものすごく愛情を感じています。

このような体験をしたら、はじめは誰でも驚くかもしれませんが、エネルギー(気)からどう感じ取ったか、あなたの直感を信じるのが大切かもしれません。

苦手なものが好きになる

coffee

なぜだか無性に「あれ食べたい!」と思いつき、食べるまで落ち着かない・・・なんてことありますよね。

そんなときは、あちらの世界から催促のサインだったりします。できる限り応えてあげて下さい^^

中には、今まで苦手だった物が、身近な人が亡くなったとたん、その人が好きだったものを、自分も好きになることがあります。

友人の体験談ですが、その友人はコーヒーが大の苦手、よく一緒にお茶をしますが、いつも紅茶やジュースばかりでした。

コーヒー好きの義父が亡くなって数日後、無性にコーヒーが飲みたくなり、恐る恐る飲んでみたところ「美味しい!」と感じたようで

今ではコーヒーメーカーまで購入して、毎日ブラックで飲んでいるそうですが、「不思議で仕方がない」といつも言っています。

このような体験談はよく耳にしますが、「いつまでも忘れないで欲しい」というメッセージや、「一緒に味わいたい」というサインかもしれませんね。

トップへ戻る