最近、目の調子が悪くて更新頻度がおちています ><

幽霊が出る知らない家に住んでいる【夢】を15年に渡って見ています

スポンサーリンク

久しぶりに”あの家”の夢をみて思いだしました。

たぶん、この15年の間に”あの家”の夢は5~6回ほど見た気がします。

現実ではまったく知らない、見たこともない家。はじめてこの夢を見た時は、義姉から家を譲り受けて住み始めたという内容でした。

緑に囲まれた静かな住宅街の3階建住宅で、坂道に面した2階の部分に玄関があるという作りです。

玄関を入ると動線がとても変わっていて、いくつかの部屋を通り抜け、玄関脇のリビングにたどり着くという・・・

「劇的ビフォーアフター」でも見かけないような、奇妙な間取りでした。

スポンサーリンク

1階に住み着いている幽霊

一番最初に”あの家”の夢をみたのは、約15年ほど前になります。

かなり前のことなので”うろ覚え”ですが、義姉から譲り受けた家に、なぜか実母と弟の3人で住んでいました。

家の中は薄暗く、どんよりした空気が流れていて、リビング以外の部屋を避けて暮らし、夜になると仕方がないので、それぞれの部屋に向かうという感じです

普段使っていない…というか避けている1階のダイニングは更に暗く、廊下の突き当りにある部屋は異様な闇に包まれ、絶対に開けてはいけないオーラが漂っていました

ある日、どうしても1階のダイニングに用があり、母といっしょに降りたところで、女の幽霊に遭遇したのです。すごい形相をしていた記憶があるので、いわゆる怖い系の霊です・・・

その後どうなったかは覚えていませんが、1年に1回くらいのペースで”あの家”で生活している夢を見るようになりました。

霊が住み着いていることや、間取りもほとんど同じ。1階に降りることを避けながら、昼間はリビングで過ごし、夜は嫌々部屋に戻る夢。

目覚めた時の気分は「最悪です!」

そんな年いちペースの嫌な夢も、じょじょに見なくなり、すっかり忘れていたのですが・・・

7~8年振りに”あの家”の悪夢が復活してしまいました!手ごわいです。

家の様子はほぼ同じなのに、今回は3階で一人暮らしをしていました。弟が「しばらく泊めて!」といって転がり込み、2階を使っていたところ、やっぱりムリという感じで

姉ちゃん、あの部屋さぁ~
やっぱり気味が悪い?

久しぶりにみた”あの家”も、まだ幽霊が住み着いているようで、家全体がどんよりと暗く、あいかわらず居心地の悪い家でした。

占いで幽霊の夢を分析してみる

約15年間にもわたって、忘れたころに住まされる、ほとんど悪夢の「幽霊屋敷」には、どんな意味があるのか調べてみました

  • 幽霊を避けている夢
    • 何らかのトラブルや問題から目をそらし、見て見ぬふりや現実逃避をしている
  • 追ってくる幽霊から逃げている夢
    • 逃げ切れたと思っている問題が解決していない
    • 精神的に余裕がなく追い詰められている
  • 幽霊に恐怖感・不快感をもっている夢
    • 体調管理に注意・体調に変化がおきている
    • 精神状態が不安定・ストレス・疲労がたまっている
  • 同じ夢を何度もみる
    • 強すぎる願望、不安、トラウマ、ストレスのあらわれ
    • 内容に少しずつ変化が起きている場合、解消や緩和されている可能性も
  • 同じ家・同じ場所の夢
    • 自分では覚えていないだけで、幼い頃に連れられて行ったことがある場所
    • 前世や過去世で、かかわりのあった場所
    • もう一つの世界(パラレルワールド異世界てきな)

15年にも渡る、超大作の悪夢ですが・・・分析してみると、全てあてはまります(笑)最近とくに体調面で心配なところがあるので、注意したいと思いました。

ただ、幽霊の夢がすべて悪いというわけではなく、「どういうふうに感じたか」で大きく違ってきます。

幽霊が明るい・好印象・楽しい・・・そんな印象をうけた場合は「幸運の訪れ」という意味もありますよ

幽霊の夢ばかり見ている気もしますが(笑)

もし夢占いの結果が悪くても、警告やアドバイスとして受け止めるといいかもしれませんね。

前向きにとらえましょう♪

【龍の夢占い】龍が夢を通じてあなたに伝えたいメッセージとは?
めったに見ることの出来ない龍の夢には様々な意味が込められています。幸運の訪れを意味するものから警告を告げるメッセージなど、龍の行動や色によっても解釈はいろいろですが、龍からのメッセージやアドバイスを読み取り、運気上昇につなげていきましょう。
トップへ戻る