最近、目の調子が悪くて更新頻度がおちています ><

ワードプレス テーマを選ぶ時の注意点

スポンサーリンク

ワードプレスのテーマはサイトの顔です♪

気に入ったテーマをインストールすれば、一瞬で「着せ替え」が可能になり、カスタマイズする事で、自分好みのブログを作成する事ができます。

ただしテーマはデザインを変更させるだけのものではなく、WEBサイトを表示させる為の構成ファイルが詰まっているものと考えて、慎重に選んでみましょう。

ワードプレスのテーマには、有料・無料を問わず、数えきれない程の種類がありますが、テーマを選ぶ前に、気を付けておきたい点を見てみましょう。

スポンサーリンク

WordPress テーマを選ぶときの注意点

そのテーマは日本語に対応している?

海外のテーマにはデザイン性が高く、パッと目を引くような、素敵なデザインやカッコイイテーマも多いですが、始めはマニュアルを見ながらアレコレと試行錯誤すると思います。

困った時や質問したい時、日本語に対応しているかどうかは、とても重要になります。

レスポンシブwebデザイン対応?

レスポンシブデザインは、1つのHTMLファイルを複数のデバイス(パソコン、スマートフォン、タブレット)で、最適に調整し表示させます。

記事をせっせと投稿して様々なデバイスで確認すると、レイアウトが崩れていることはよくあります。

スマートフォンからの閲覧者が増えていることからも、これからサイト運営をされる場合には、スマートフォンやタブレットも意識したサイト作成が求められます。

Googleもレスポンシブデザインを推奨している事から、SEOの観点から見ても、レスポンシブWebデザイン対応のテーマをおすすめします。

Googleが推奨するモバイルSEOの概要

https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/mobile-seo/?hl=ja#select-config

カスタマイズしやすい?

WordPressを運営していると、「ここはこの色に変更したい」「こういう見出しにしてみたい」など、多かれ少なかれカスタマイズが必要になることがあります。

1つ1つカスタマイズを加えていくことで、ブログに愛着も湧いてきます(*^^*)

初心者の方は、HTMLやCSSの知識があまりなくてもカスタマイズできるようなテーマを選びましょう。

そのテーマ、利用者は多い?

同じテーマの利用者が多いという事は、質問したい事の答えが見つかりやすいという事です。

困った時には、公式サイトで質問してみると答えが返ってくるかもしれませんが、それは何時間後か…はたまた何日後なのか…

利用者が多いと、調べたいことの答えが検索すれば出て来ます。

わかりやすく解説されているサイトも豊富なので、よほどの特殊なカスタマイズでない限りは、すぐに解決出来ることも多くなります。

SEO対策は大丈夫?

SEO(検索エンジン最適化)対策には、ある程度の知識や作業が必要になりますが、一番大切なのは、コンテンツ(中身)です。

SEO対策に時間を取られて四苦八苦するならば、読者やユーザーに必要とされる記事を1つでも書く事が一番のSEO対策です。

ですが、その記事を読んで頂く為には、検索結果に表示させる事も大切で…なんともモドカシイ

はじめからSEO対策が施されているテーマを選んで、コンテンツを充実させる事に専念しましょう。


おすすめの無料テーマ『Simplicity2』はコチラ↓

Word Pressの無料テーマ【Simplicity2】を使ってみる
WordPress無料テーマ(Simplicity)をお勧めする理由や、インストール方法、スキン機能を使用してカスタマイズする方法などを詳しく解説しております。
トップへ戻る