【CSS】アニマルBOX(囲み枠・飾り枠)コピペで使えるニャー

CSSアニマルBOX(囲み枠・飾り枠)
スポンサーリンク

ブログの文中・文末に「まとめ」や「POINT」として【アニマルBOX(囲み枠・飾り枠)】を使えば目立つこと間違いなし!

もちろんレスポンシブデザイン対応です!

動物好きさん・ペット関連ブログさん・動物病院さん・教育施設さん。などなど… どなたでもご自由にブログのマスコットとしてお使い下さい (=^・^=)/

ΦωΦ
自由に使ってニャ~
ポイント耳・顔・枠・テキストを「お好みのカラー」に変更して使っていただける仕様にしております。ぜひオリジナルのアニマルBOXを作ってみて下さい♪
  • コードの上に表示している『サンプルBOX(囲み枠・飾り枠)』はキャプチャ画像を使用しています。
  • お使いのフォントサイズによって多少のイメージは違ってきます。
  • AMPページに対応させるにはテーマによって『amp.css』への記述が必要となります。(テーマがCocoonの方は不要です)
  • シンプルなBOX(囲み枠・飾り枠)をお探しの方は ↓ こちらをどうぞ。
スポンサーリンク

ねこBOX(囲み枠・飾り枠)

猫BOX A(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* ねこBOX A*/
.neko-box-a {
position: relative;
margin: 4em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #ffffff; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #F3983B; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.neko-box-a::before,
.neko-box-a::after {
height: 60px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -30px;
z-index: -10;
}
.neko-box-a::before {
left: 20%;
background: #555555; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #F3983B; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 45deg );
}
.neko-box-a::after {
right: 20%;
background: #ffc0cd; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #F3983B; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -45deg );
}
.neko-wrap-a{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="neko-wrap-a">
<div class="neko-box-a">テキスト</div>
</div>

猫BOX B(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* ねこBOX B*/
.neko-box-b {
position: relative;
margin: 4em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #dcdcdc; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #999999; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.neko-box-b::before,
.neko-box-b::after {
height: 60px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -30px;
z-index: -10;
}
.neko-box-b::before {
left: 20%;
background: #696969; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #999999; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 45deg );
}
.neko-box-b::after {
right: 20%;
background: #696969; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #999999; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -45deg );
}
.neko-wrap-b{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="neko-wrap-b">
<div class="neko-box-b">テキスト</div>
</div>

猫BOX C(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* ねこBOX C*/
.neko-box-c {
position: relative;
margin: 4em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #ffffff; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #d3d3d3; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.neko-box-c::before,
.neko-box-c::after {
height: 60px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -30px;
z-index: -10;
}
.neko-box-c::before {
left: 20%;
background: #ffc0cd; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #d3d3d3; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 45deg );
}
.neko-box-c::after {
right: 20%;
background: #ffc0cd; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #d3d3d3; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -45deg );
}
.neko-wrap-c{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="neko-wrap-c">
<div class="neko-box-c">テキスト</div>
</div>

BOXと猫耳に影をつけた立体感があるニャンコ

猫BOX D(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* ねこBOX D*/
.neko-box-d {
position: relative;
margin: 4em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #fdf5e6; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #F3983B; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
box-shadow: 1px 1px 3px #acacac; /* ボックス影(不要なら行を削除) */
z-index: auto;
}
.neko-box-d::before,
.neko-box-d::after {
height: 60px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -30px;
z-index: -10;
}
.neko-box-d::before {
left: 20%;
background: #555555; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #F3983B; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 45deg );
box-shadow: 1px -1px 3px #acacac; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
}
.neko-box-d::after {
right: 20%;
background: #B8824D; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #F3983B; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -45deg );
box-shadow: 1px 1px 3px #acacac; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
}
.neko-wrap-d{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="neko-wrap-d">
<div class="neko-box-d">テキスト</div>
</div>

猫BOX E(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* ねこBOX E*/
.neko-box-e {
position: relative;
margin: 4em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #c0c0c0; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #666666; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
box-shadow: 1px 1px 3px #acacac; /* ボックス影(不要なら行を削除) */
z-index: auto;
}
.neko-box-e::before,
.neko-box-e::after {
height: 60px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -30px;
z-index: -10;
}
.neko-box-e::before {
left: 20%;
background: #ffc0cd; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #666666; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 45deg );
box-shadow: 1px -1px 3px #acacac; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
}
.neko-box-e::after {
right: 20%;
background: #ffc0cd; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #666666; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -45deg );
box-shadow: 1px 1px 3px #acacac; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
}
.neko-wrap-e{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="neko-wrap-e">
<div class="neko-box-e">テキスト</div>
</div>

猫BOX F(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* ねこBOX F*/
.neko-box-f {
position: relative;
margin: 4em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #555555; /* ボックス背景色 */
color: #ffffff; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #333333; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
box-shadow: 1px 1px 3px #acacac; /* ボックス影(不要なら行を削除) */
z-index: auto;
}
.neko-box-f::before,
.neko-box-f::after {
height: 60px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -30px;
z-index: -10;
}
.neko-box-f::before {
left: 20%;
background: #999999; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #333333; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 45deg );
box-shadow: 1px -1px 3px #acacac; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
}
.neko-box-f::after {
right: 20%;
background: #999999; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #333333; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -45deg );
box-shadow: 1px 1px 3px #acacac; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
}
.neko-wrap-f{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="neko-wrap-f">
<div class="neko-box-f">テキスト</div>
</div>
  • 耳・顔・枠線・テキストのカラーは自由に変更できます。カラー見本はこちら ⇒ 原色大辞典カラーコード一覧表
  • BOXの幅や耳の位置を変更される場合、幅の狭いデバイス(スマホなど)で猫の耳が重なる可能性があります。カスタマイズされる方は『Responsinator』などで確認することをオススメします。

ねこBOX(囲み枠・飾り枠)をスマホ(iPhone6 width:375px)で表示したイメージがこちらです。 きゃ、きゃわいい~♪

猫BOXをiPhone6で見たイメージ

いぬBOX(囲み枠・飾り枠)

犬BOX(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* いぬBOX A*/
.inu-box-a {
position: relative;
margin: 3em auto;
padding: 20px 50px 20px;
width: 85%; /* ボックス幅 */
background: #F6E3AE; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #666666; /* ボックス枠線(太さ・線種・色)*/
border-radius: 50px;
}
.inu-box-a::before,
.inu-box-a::after {
height: 4.5em;
width: 2.5em;
position: absolute;
content:'';
top: -15px;
}
.inu-box-a::before {
left: -2%;
background: #C07C3E; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #666666; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 100px 50px;
transform: rotate( 30deg );
}
.inu-box-a::after {
right: -2%;
background: #C07C3E; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #666; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 100px;
transform: rotate( -30deg );
}

HTML

<div class="inu-box-a">・ᴥ・<br>テキスト</div>

犬BOX B(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* いぬBOX B*/
.inu-box-b {
position: relative;
margin: 3em auto;
padding: 20px 50px 20px;
width: 85%; /* ボックス幅 */
background: #fff; /* ボックス背景色 */
color: #333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 5px solid #666; /* ボックス枠線(太さ・線種・色)*/
border-radius: 50px;
}
.inu-box-b::before,
.inu-box-b::after {
height: 4.5em;
width: 2.5em;
position: absolute;
content:'';
top: -15px;
}
.inu-box-b::before {
left: -2%;
background: #E6B78A; /* 左耳背景色 */
border: 5px solid #666; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 100px 50px;
transform: rotate( 30deg );
}
.inu-box-b::after {
right: -2%;
background: #4E2A16; /* 右耳背景色 */
border: 5px solid #666; /* 右耳枠線(太さ・線種・色)*/
border-radius: 50px 100px;
transform: rotate( -30deg );
}

HTML

<div class="inu-box-b">・ᴥ・<br>テキスト</div>

犬BOX C(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* いぬBOX C*/
.inu-box-c {
position: relative;
margin: 6em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #453016; /* ボックス背景色 */
color: #fff; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 8px solid #583713; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.inu-box-c::before,
.inu-box-c::after {
height: 70px;
width: 70px;
position: absolute;
content:'';
top: -60px;
z-index: -10;
}
.inu-box-c::before {
left: 1%;
background: #B37D3B; /* 左耳背景色 */
border: 8px solid #583713; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 30deg );
}
.inu-box-c::after {
right: 1%;
background: #B37D3B; /* 右耳背景色 */
border: 8px solid #583713; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -30deg );
}
.inu-wrap-c{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="inu-wrap-c">
<div class="inu-box-c">・ᴥ・<br>テキスト</div>
</div>

犬BOX D(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* いぬBOX D*/
.inu-box-d {
position: relative;
margin: 6em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #dcdcdc; /* ボックス背景色 */
color: #333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 8px solid #555; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.inu-box-d::before,
.inu-box-d::after {
height: 70px;
width: 70px;
position: absolute;
content:'';
top: -60px;
z-index: -10;
}
.inu-box-d::before {
left: 1%;
background: #C9C9C9; /* 左耳背景色 */
border: 8px solid #555; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 10px 50px 100px 50px;
transform: rotate( 30deg );
}
.inu-box-d::after {
right: 1%;
background: #C9C9C9; /* 右耳背景色 */
border: 8px solid #555; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 10px 50px 100px;
transform: rotate( -30deg );
}
.inu-wrap-d{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="inu-wrap-d">
<div class="inu-box-d">・ᴥ・<br>テキスト</div>
</div>

犬BOX E(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* いぬBOX E*/
.inu-box-e {
position: relative;
margin: 3em auto;
padding: 20px 60px 20px;
width: 85%;
background: #E0D4BB; /* ボックス背景色 */
color: #333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 8px solid #555; /* ボックス枠線(太さ・線種・色)*/
border-radius: 50px;
}
.inu-box-e::before,
.inu-box-e::after {
height: 90px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -15px;
}
.inu-box-e::before {
left: -5%;
background: #383635; /* 左耳背景色 */
border: 8px solid #555; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 80px 30px 80px 50px;
transform: rotate( 10deg );
}
.inu-box-e::after {
right: -5%;
background: #383635; /* 右耳背景色 */
border: 8px solid #555; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 30px 80px 50px 80px;
transform: rotate( -10deg );
}

HTML

<div class="inu-box-e">・ᴥ・<br>テキスト</div>

犬BOX F(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* いぬBOX F*/
.inu-box-f {
position: relative;
margin: 3em auto;
padding: 20px 60px 20px;
width: 85%;
background: #faebd7; /* ボックス背景色 */
color: #333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 8px solid #93502B; /* ボックス枠線(太さ・線種・色)*/
border-radius: 50px;
}
.inu-box-f::before,
.inu-box-f::after {
height: 90px;
width: 60px;
position: absolute;
content:'';
top: -15px;
}
.inu-box-f::before {
left: -5%;
background: #D19352; /* 左耳背景色 */
border: 8px solid #93502B; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 80px 30px 80px 50px;
transform: rotate( 10deg );
}
.inu-box-f::after {
right: -5%;
background: #8C6246; /* 右耳背景色 */
border: 8px solid #93502B; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 30px 80px 50px 80px;
transform: rotate( -10deg );
}

HTML

<div class="inu-box-f">・ᴥ・<br>テキスト</div>
  • 一行目に顔文字を入れると、よりワンちゃんっぽくなります(笑)顔文字が不要な場合はHTMLの『・ᴥ・<br>』を削除して下さい。
  • 耳・顔・枠線・テキストのカラーは自由に変更できます。カラー見本はこちら ⇒ 原色大辞典カラーコード一覧表
  • さまざまなデバイスで違和感なく表示されるように、幅・太さ・耳の位置などを微調整しております。カスタマイズされる方は『Responsinator』などで確認することをオススメします。

いぬBOX(囲み枠・飾り枠)をスマホ(iPhone6 width:375px)で表示したイメージがこちらです。 か、かわいい~♪

犬BOXをiPhone6で見たイメージ

いろんな動物達♪アニマルBOX(囲み枠・飾り枠)

ブタさんBOX

豚BOX A(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* ブタさんBOX A*/
.buta-box-a {
position: relative;
margin: 4em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #ffe4e1; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 8px solid #ffc0cb; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
box-shadow: 0 0 3px 2px #cccccc; /* ボックス影(不要なら行を削除) */
}
.buta-box-a::before,
.buta-box-a::after {
height: 50px;
width: 50px;
position: absolute;
content:'';
top: -35px;
box-shadow: 0 0 3px 2px #cccccc; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
}
.buta-box-a::before {
left: 3px;
background: #ffb6c1; /* 左耳背景色 */
border: 8px solid #ffc0cb; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 100px 50px 50px 50px;
transform: rotate( 25deg );
}
.buta-box-a::after {
right: 3px;
background: #ffb6c1; /* 右耳背景色 */
border: 8px solid #ffc0cb; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px 100px 50px 50px;
transform: rotate( -25deg );
}

HTML

<div class="buta-box-a">´・(oo)・`<br>テキスト</div>

スマホ表示の際、ブタさんの耳でテキストが隠れてしまう可能性がある為、一行目には顔文字や短いテキストがオススメです。(>(●●)<)

パンダBOX

パンダBOX A(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* パンダBOX A*/
.panda-box-a {
position: relative;
margin: 4.5em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 85%; /* ボックス幅 */
background: #ffffff; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 8px solid #555555; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.panda-box-a::before,
.panda-box-a::after {
height: 70px;
width: 70px;
border-radius: 50%;
position: absolute;
content:'';
top: -45px;
z-index: -10;
}
.panda-box-a::before {
left: -20px;
background: #333333; /* 左耳背景色 */
border: 8px solid #555; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
}
.panda-box-a::after {
right: -20px;
background: #333333; /* 右耳背景色 */
border: 8px solid #555555; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
}
.panda-wrap-a{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="panda-wrap-a">
<div class="panda-box-a">●・●<br>テキスト</div>
</div>

くまBOX

くまBOX A(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* くまBOX A*/
.kuma-box-a {
position: relative;
margin: 4.5em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #A27F6A; /* ボックス背景色 */
color: #ffffff; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 10px solid #543f32; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.kuma-box-a::before,
.kuma-box-a::after {
height: 20px;
width: 30px;
border-radius: 50%;
position: absolute;
content:'';
top: -45px;
z-index: -10;
}
.kuma-box-a::before {
left: 10px;
background: #F7C663; /* 左耳背景色 */
border: 20px solid #543f32; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
}
.kuma-box-a::after {
right: 10px;
background: #F7C663; /* 右耳背景色 */
border: 20px solid #543f32; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
}
.kuma-wrap-a{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="kuma-wrap-a">
<div class="kuma-box-a">•ᴥ•<br>テキスト</div>
</div>

くまBOX B(飾り枠・囲み枠)

CSS

/* くまBOX B*/
.kuma-box-b {
position: relative;
margin: 4.5em auto 3em;
padding: 20px 30px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #DFC29D; /* ボックス背景色 */
color: #543f32; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 10px solid #DFC29D; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
box-shadow: 0 0 3px 2px #cccccc; /* ボックス影(不要なら行を削除) */
z-index: auto;
}
.kuma-box-b::before,
.kuma-box-b::after {
height: 20px;
width: 30px;
border-radius: 50%;
position: absolute;
content:'';
top: -45px;
box-shadow: 0 0 3px 2px #cccccc; /* 耳の影(不要なら行を削除) */
z-index: -10;
}
.kuma-box-b::before {
left: 10px;
background: #A27F6A; /* 左耳背景色 */
border: 20px solid #DFC29D; /* 左耳枠線(太さ・線種・色) */
}
.kuma-box-b::after {
right: 10px;
background: #A27F6A; /* 右耳背景色 */
border: 20px solid #DFC29D; /* 右耳枠線(太さ・線種・色) */
}
.kuma-wrap-b{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="kuma-wrap-b">
<div class="kuma-box-b">•ᴥ•<br>テキスト</div>
</div>

カエルBOX

カエルBOX A(飾り枠・囲み枠)

CSS

/*カエルBOX A*/
.kaeru-box-a {
position: relative;
margin: 5em auto 3em;
padding: 30px 20px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #ffffff; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 15px solid #9BD002; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
box-shadow: 0 0 3px #999999 inset; /* ボックス内側影(不要なら行を削除) */
z-index: auto;
}
.kaeru-box-a::before,
.kaeru-box-a::after {
height: 30px;
width: 30px;
border-radius: 50%;
position: absolute;
background: #333333; /* 耳背景色 */
border: 20px solid #9BD002; /* 耳枠線(太さ・線種・色) */
content:'';
top: -65px;
z-index: -10;
}
.kaeru-box-a::before { left: 50px;}
.kaeru-box-a::after { right: 50px;}
.kaeru-wrap-a{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="kaeru-wrap-a">
<div class="kaeru-box-a">テキスト</div>
</div>

カエルBOX B(飾り枠・囲み枠)

CSS

/*カエルBOX B*/
.kaeru-box-b {
position: relative;
margin: 5em auto 3em;
padding: 30px 20px;
width: 90%; /* ボックス幅 */
background: #9BD002; /* ボックス背景色 */
color: #333333; /* 文字色 */
font-weight: bold; /* テキスト太字(不要なら行を削除) */
text-align: center; /* テキスト中央(不要なら行を削除) */
border: 15px solid #9BD002; /* ボックス枠線(太さ・線種・色) */
border-radius: 50px;
z-index: auto;
}
.kaeru-box-b::before,
.kaeru-box-b::after {
height: 30px;
width: 30px;
border-radius: 50%;
position: absolute;
background: #333333; /* 耳背景色 */
border: 20px solid #9BD002; /* 耳枠線(太さ・線種・色) */
content:'';
top: -65px;
z-index: -10;
}
.kaeru-box-b::before { left: 50px;}
.kaeru-box-b::after { right: 50px;}
.kaeru-wrap-b{
background-color: transparent;
position: relative;
z-index: 0;
}

HTML

<div class="kaeru-wrap-b">
<div class="kaeru-box-b">テキスト</div>
</div>
  • 一行目に顔文字を入れると、よりアニマルBOXっぽくなります(笑)顔文字が不要な場合はHTMLの『・ᴥ・<br>』を削除して下さい。
  • 耳・顔・枠線・テキストのカラーは自由に変更できます。カラー見本はこちら ⇒ 原色大辞典カラーコード一覧表
  • さまざまなデバイスで違和感なく表示されるように、幅・太さ・耳の位置などを微調整しております。カスタマイズされる方は『Responsinator』などで確認することをオススメします。

BOXを「Gutenberg(グーテンベルク)」で使うには

ワードプレスの新ブロックエディター「Gutenberg(グーテンベルク)」で、プラグインを使用せず簡単に使う方法を解説いたします。 

  • 使いたいアニマルBOXのCSSを全てコピーし、ダッシュボードから「外観」→「テーマエディター」を開きます。
  • 「編集するテーマを選択」からお使いになっているテーマの「子テーマ(Child)」を選択し、スタイルシート (style.css)にコピーしたCSSを貼り付けファイルを更新して下さい。
  • AMPページに対応させるには「子テーマ(Child)」amp.cssにもコピーしたCSSを貼り付けます。(Cocoonの場合はstyle.cssをAMPページに読み込む仕様になっている為この作業は不要です)お使いのテーマをご確認のうえ作業を進めて下さい。

css-エディター

つぎはHTMLコードを記入(コピペ)してアニマルBOXを表示させます。

  • 選んだアニマルBOXのHTMLコードを全てコピーし、表示させたい場所へ「カスタムHTML」ブロック又は「クラシック」ブロックを追加します。
  • 「クラシック」ブロックの場合、上部にある詳細設定からHTMLとして編集に切り替えて下さい。
  • コピーしたHTMLコードをブロック内に貼り付けます。

html-editor

ブロック上でプレビューしてみると犬の頭がかすかに切れているように見えますが…

editor-preview

ブラウザでプレビューすると! このようにきちんと表示されているのでご安心下さい。

ブラウザでプレビュー

お使いのWordPressテーマによっては、ビジュアルエディターのスタイルシート(editor-style.css)にCSSを記載しないとエディター上にプレビューされない場合もございます。お使いのテーマをご確認下さい。

WordPressテーマ『Cocoon』でエディター上にプレビューされない場合は「Cocoon設定」→「エディター」→「エディタースタイル」のエディターにテーマスタイルを反映させるにチェックが入っているか、「ダッシュボード」→「ユーザー」→「ビジュアルエディター」のビジュアルリッチエディターを使用しないのチェックが外れているかをご確認下さい。

便利な使い方1(再利用して使い回す)

さきほど貼り付けたHTMLコードのブロックを「再利用ブロックに追加」することで、いつでも簡単に呼び出して使い回すことができます。

テンプレートとして何度でも呼び出せるため使い方によってはとっても便利!

但し、再利用ブロックに追加したテキスト(内容)を後から編集すると、過去に使用したブロックのテキストも書き換えられてしまうため注意が必要となります。

BOXを再利用しつつ、その都度テキストを変更して使用する方法も解説していますので、どうぞ最後までご覧下さい。

  • HTMLを記入(貼り付け)したブロック「カスタムHTML」又は「クラシック」を選択(カーソルを入れた状態)し、詳細設定から再利用ブロックに追加をクリックします。

再利用ブロックに追加

  • 任意の名前を付けて保存すれば完了です。

再利用ブロックに追加

  • 左上の「ブロックの追加」→「再利用可能」→名前をつけたブロックを選ぶと何度でも使い回すことができてとても便利です。

再利用ブロックから使い回す

  • 再利用ブロックに追加したブロックは編集することもできますが、過去に使用したブロックのテキスト(内容)も書き換えられてしまうのでご注意下さい。

再利用ブロックの編集

便利な使い方2(テキストを変えて使い回す)

BOXを再利用しつつテキストを変更して使う方法を解説します。

テンプレート化した再利用ブロックを呼び出して、独立したブロックに変換する方法です。

  • 左上の「ブロックの追加」→「再利用可能」→名前をつけたブロックを選ぶところまでは同じ
  • 表示された再利用ブロックを選択した状態で、詳細設定から通常のブロックへ変換をクリックします。

通常のブロックへ変換

これで再利用ブロックから独立した通常のブロックに変換されました。

アニマルBOX(囲み枠・飾り枠)の枠だけをテンプレート化して、中のテキストはその都度書き直したい!そんな方にはこの使い方がとても便利です。

ですが必ず通常のブロックへ変換してから使うことを忘れないようにしてくださいね。(と、泣きながら過去記事を訂正した経験者は語る…)

さいごに

アニマルBOXと言いつつ種類はまだまだ少ないですが、少しずつ追加していく予定です。どうぞ長い目でみて下さい ( ˙▿˙ ; )

もちろんプラグイン【AddQuicktag】に追加して「クラシック」ブロックから使用する事もできますが、今回はプラグインを使わず「Gutenberg(グーテンベルク)」で簡単にBOX(囲み枠・飾り枠)を使う方法を解説してみました。

とはいえ時代の流れには逆らえず「Gutenberg(グーテンベルク)」に切り替えたものの、なかなか慣れずに困っております… もっともっと頑張ります (´-﹏-`;)

カスタマイズ方法などは⇒【CSS】シンプルな囲み枠(ボックス)コピペですぐ使えるで紹介しております。

トップへ戻る