これだけは入れておきたい!おすすめプラグインと使い方

スポンサーリンク

WordPressには便利に使うためのプラグイン(機能拡張ツール)が沢山あり、おすすめのプラグインを紹介しているサイトも多く見かけます。

あまり多く入れ過ぎても重くなったり、プラグイン同士の相性が悪いと不具合を起こしたりするので、本当に必要なプラグインだけを入れておきましょう。

目安としては20個以内が無難かもしれませんね

まずは、最低限入れておきたいプラグインを紹介します。

スポンサーリンク

ワードプレスに最初からインストールされているプラグイン

WordPressには、3つのプラグインが初期状態でインストールされています。まずこの3つのプラグインについて説明します。

Akismet

「コメント」がスパムかどうかを判断してくれるプラグインで、とっても優れものです。コメント機能を利用する場合には『有効化』にしておきましょう。

  • Akismetプラグインを利用するには、「Akismet APIキー(個人ブログ無料)」を取得する必要があります。
  • APIキーは一度取得すると、複数のブログで同じキーを使用する事が可能です。

詳しい設定の手順が書かれているサイト  ↓

Akismetの設定方法

Hello Dolly

管理画面に右上に、歌詞のワンフレーズがランダムで表示される

ただそれだけのプラグインです(笑)

削除してOKですが、多少の癒やしを求めているなら…編集して好きな言葉や歌詞に変更してみるのも面白いかもしれませんね (*^^*)

WP Multibyte Patch

日本語版WordPressのマルチバイト文字(日本語)の、取り扱いに関する不具合の修正と強化を行うプラグインです。迷わず『有効化』にしましょう。

BackWPup

BackWPup

WordPressのバックアップを取るためには

  • サーバー上のデータ:画像、テーマ、プラグイン
  • データベース上のデータ:記事、カテゴリ、コメント、管理画面の設定

2つともバックアップを取る必要があります。

手動でバックアップを取る方法もありますが、プラグインを使うと更新前のバックアップも、あっという間にできちゃうのでとても便利です。

最初の一度だけ「サーバーのデータ」と「データベースのデータ」の2つを設定すれば、後は自動でバックアップしてくれるので安心です。

こちらのサイトに詳しい設定方法が掲載されています ↓

図解でわかるWordPressの全自動バックアップ方法
WordPressのバックアップはBackWPupがオススメ。不慮の事故への備えになりますし、サーバ強化後のメディア再開やドメイン移管時にもバックアップ作業が必要になります。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

サイトの記事を投稿・更新した時に、自動的に『XMLサイトマップ』を作成し、サイトを巡回するクローラーに「いま投稿しましたよ~」と知らせてくれる、検索エンジン用サイトマップ作成プラグインです。

プラグインをインストールしたら、Google Search Console(旧:ウェブマスターツール)にも忘れずに登録しましょう。

こちらのサイトに詳しい設定方法が掲載されています ↓

Google XML Sitemapsの導入と設定方法
Google XML Sitemapsとは、検索エンジン向けのサイトマップ(sitemap.xml)を自動作成してくれるWordPressのプラグインです。記事を公開・更新する度に自動的にサイトマップを作成し、検索エンジンへ通知してくれます。

Broken Link Checker

Broken Link Checker

ブログのリンク切れを自動でチェックして、ダッシュボードに表示して知らせてくれるプラグインです。

いつの間にか外部リンク先が削除されていたり、アフィリエイト広告が終了していたりすると、URLがリンク切れを起こしてしまうことがあります。

  • せっかく見に来てくれた訪問者に迷惑をかけてしまう
  • SEOの面からも不親切なサイトとして評価されてしまう

「Broken Link Checker」を入れておくと、リンク切れにいち早く気づき修正することができるので、本当に便利で助かりますよ~

プラグイン → 新規追加 → プラグインの検索欄に「Broken Link Checker」と入力し、インストールしたら「有効化」にして終了です。

※リンクエラーが発見されたら早めに対処しましょう。

Simple Tags

Simpe Tags プラグイン

ブログを続けていると「タグ」がどんどん増えていくことがあります。

WordPress標準機能でタグを管理していると、気づいたら「似たような名前のタグ」「重複しているタグ」が多くなってしまいました。

タグの管理や編集が簡単にできる【Simple Tags】プラグインを使用すると、一度使用したことのあるタグ一覧から選べるようになり、タグの付け忘れや重複、さらに過去記事に付けたタグの編集までが楽になります。

タグ一覧から選択

始めから入れておくと便利ですよ

WordPressのタグ管理に【Simple Tags】一覧から簡単設定・編集も楽々
タグの管理に便利なプラグイン【Simple Tags】なら一度使用したタグを一覧表示から選べてタグ設定がカンタン。過去記事も「タグの一括編集」から見直して付け替えが楽にできます。似た名前・重複しているタグの整理整頓が効率よくできて便利。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

画像をアップロードする時に、殆ど劣化なく圧縮し、自動で画像を最適化してくれるプラグインです。

「EWWW Image Optimizer」をインストールする前の画像も、「一括最適化」する事が出来るのでとても便利です。

画像を使って記事を書くと、読んでくれる方にもわかりやすく、文字ばかりのページよりも見やすくなりますよね~

だけど、重たいページは逆効果!読者に負担やストレスを与えてしまいます。

「EWWW Image Optimizer」をインストールしておくだけで、こんなふうに勝手に最適化してくれますよ~

画像最適化

むずかしい設定は必要ないので是非インストールしておきましょう。

プラグイン → 新規追加 → プラグインの検索欄に「EWWW Image Optimizer」と入力し、インストールしたら「有効化」にして終了です。

PS Auto Sitemap

サイト内のページを自動生成してサイトマップを作成するプラグインです。

本で言うならば、目次を作成してくれるような役割で、何処にどんな記事があるかをひと目で分かりやすく表示できる便利なプラグインです。

読者目線で記事をわかりやすく誘導できると、googleの評価UPにもつながりますよ~

PS Auto Sitemap で サイトマップを作成する方法 ↓

PS Auto Sitemapプラグインで超カンタンにサイトマップを作成
PS Auto Sitemapプラグインでサクッとサイトマップを作成~スタイル全14種類のサンプル作ってみました♪

AddQuicktag

よく使うショートコードタグを登録してボタン化するプラグインです。

一度登録しておけばボタン一つで簡単にタグを呼び出す事ができるので、時間短縮になり作業効率がグッ~と上がります!

AddQuicktag が有ると無いとでは大違い、一度使うと手放せなくなるので注意が必要 (笑)

AddQuicktag の詳しい使い方は ↓

「AddQuicktag」にタグを登録すれば蛍光ペンもボタンひとつで簡単に使える
AddQuicktag プラグインの設定方法、タグの登録の仕方から、テキストエディタやビジュアルエディタでの使い方までを図解でわかりやすく説明しています。

Category Order and Taxonomy Terms Order

WordPressでは、カテゴリーを並べ替える機能が備わっていません (^_^;)

Category Order and Taxonomy Terms Orderプラグインを使うと、そんな悩みも一瞬で解決できちゃいますよ~

カテゴリーを思い通りの順番に並べ替えたい時、超カンタンで超便利なプラグインです。

インストールしたら並べ替えるだけ♪

詳しい使い方はこちら ↓

カテゴリーの順番を思い通りに並べ替えるプラグイン
カテゴリ―の順番を超簡単に並べ替えるプラグインなら「Category Order and Taxonomy Terms Order」がおすすめです。
トップへ戻る