最近、目の調子が悪くて更新頻度がおちています ><

霊感があるのか無いのか【過去の不思議体験 No.1】

スポンサーリンク

霊感があるのか・・・無いのか・・・について考えてみました。

ヘミシンクを始めてから、多少の不思議体験をすることが増えてきたのですが、もともと自分には、霊感がほとんど無いと思っています。

ただ、ちょっとだけ過去に不思議な体験をしたことがあったので、思い出しながら書いてみました。

スポンサーリンク

箱根峠でバイクに乗った幽霊に接近

今から20年以上も前の出来事なのですが、当時わたしはトラックの長距離運転手をしていまして・・・この日は、大阪から関東へ荷物を運んでいる途中でした。

朝の4時ごろ、明るくなりかけていましたが、少し霧も出ていた国道1号線の箱根峠を、アクセルベタ踏みで登っていました。

トラックを運転したことがある人はわかると思いますが、10tトラックに10tの荷物を積んでいると、めちゃめちゃ重たくて、坂を登るのは本当に大変なんです

スピードも5キロ~10キロ出るか出ないかの、ノロノロ運転になってしまい・・・それが限界なんですね(汗)

その時は、幸いにも前後に車が1台も走っていなかったので、気兼ねなく走っていましたが、カーブを曲がったときでした・・・前方に一台のバイクが

バイクは詳しくないので曖昧ですが、400ccくらいのバイクだったと思います。

自分よりも遅いトラックが走っていると最悪なんですが、バイクだったので少し安心したんですけどね、それも束の間・・・みるみる車間が縮まっていきました

トラックよりも遅いスピードで走っていたのです

片側1車線でカーブ続きの急な登り坂ですから、追い越すなんて乗用車でも危険です。ましてスピードが10キロ前後ですからね(汗)

バイクにからかわれてるのかな?とも思いましたが、あまりにも遅い、遅すぎる!

みるみるうちに接近

よく見ると、ヘルメットも、レーシングスーツも、バイクも、すべてが真っ白で、どこにもラインロゴらしき物が入っていません

そういうデザインを好む人もいるかもしれませんが・・・ちょっと珍しいなぁと感じた事を今でもハッキリ覚えています。

ヘッドライトやテールランプも点灯していなかったこともあり、全体的に・・・どことなく異様な雰囲気に思えました。

ただ、この時は坂を登りきることに必死ですから、デザインはどうでもよくて、スピード上げるか、端によけて欲しいっていう送り続けます。

様子をみて走ってきましたが、そろそろ限界に近づきました。一旦ブレーキを踏むと、トラックは更に登らなくなっちゃいますから(泣)

きっと後ろのトラックに気づいていないのだろうと思い、クラクションを鳴らして知らせようと決心したのが、車間10メートルを切ったくらいの頃でした。

そして、クラクションを鳴らそうとした瞬間!

箱根峠

バイクが跡形もなく消えました・・・

その瞬間は、何が起こったのか理解できずに、もちろんミラーで後方を確認しましたけど、消えたのは目の前です・・・ぶつかった記憶もありません(汗)

「バイクに乗った幽霊?」

しばらく呆然としながら走り続けましたが

やがて「そういうことかぁ~」って納得したんですね

当時、弟が大型バイクに乗っていて、しょっちゅう走りに行っていたので、その時も弟のことを思い出しました

きっと目の前から消えたバイクの霊も、弟のように走るのが大好きだったのでしょうね、そう考えると

怖いというよりも・・・せつない気持ちになっていました

その日のうちに、同僚や仲間に今朝の出来事を話したのですが、みんな笑って信じてくれません・・・

弟にも話してみると、はじめは笑って茶化していたのですが・・・

「箱根だろ!?出るに決まってんじゃん!」

「どんだけ事故で亡くなってると思ってんの?」

って、真顔で言われてしまいました (^_^;)

ですよね~

車の通りが少ない時間帯に、バイクで気持ちよく走っているところを、邪魔してしまったのは私だったようです

はじめての霊体験は、ちょっと切ないものでした

父親が命日にお酒を催促?

私が十代の頃に父親が肝硬変で亡くなりました。

お酒が大好きで、仕事よりも家族よりも、お酒を選んで死んでいった、ダメダメな父親でした。

そんな父親でも、子供の頃は大好きだったのです。母親がどんな苦労をしているかも、よくわかっていませんでしたからね

父親が亡くなってからは、命日に好きだったお酒をお供えしていました。供えているというよりは、乾杯して飲むみたいな感じですが

何年かして、トラックの運転手をやりだしてからは、週末にしか家に帰れない状況ということもあり、うっかり命日を忘れて寝ていました・・・

長距離トラック

するとどうでしょう・・・亡くなってから、一度も夢に現れたことのない父が、ちゃっかり夢に登場しました。

直感的に「催促だな」ってわかりましたけどね(笑)

それから気をつけることにしたハズだったのですが、翌年もうっかり忘れて寝ていると、またまたちゃっかり夢に現れました。

その時はすぐに目が覚めて、思わず笑っちゃいましたけどね~

それから20年近く経ちますが、命日を忘れることなく、お酒をお供えしているお陰でしょうか、一度も夢に現れません(笑)

これらの体験は霊感と関係あるのでしょうかね?

つづく…

霊感があるのか無いのか【過去の不思議体験 No.2】
アパートで何度も金縛りに…近くには戦場跡碑と慰霊碑が、そして祖母がお別れの挨拶に来てくれた話し。恐怖も嬉しさも感謝も…霊にもいろいろ種類がありますね。
トップへ戻る