読みやすいブログの改行の仕方について本気で考えてみる

スポンサーリンク

ブログを始めると、勉強のためにいろいろな方のブログを、参考にさせていただくことも多くなります

読みやすいブログってどういう書き方なのか、どういうレイアウトなのか、など・・・書けば書くほど悩みも増えてきました(汗)

パソコンで読みやすい文章が、スマホでも読みやすいとは限らないですからね

いまからブログ始めようかな~って思っている人には、とくに読んでもらいたいです

後から修正するのってかなり大変ですから・・・(ToT)ほんと

スポンサーリンク

PC・スマホどっちで見ても読みやすい改行は?

PC・スマホ、どっちからも嫌われないような、読みやすい文章の書き方を、2日間かけて出した結論を言うと・・・

今、読んでいるこの文章の書き方がベスト!

段落<p>で区切る書き方のことです。改行<br />しない書き方ですねー

例えばこの文章を

今日はとても良いお天気ですね。久しぶりに晴れたので、たまっていた洗濯物を、ベランダの端から端までいっぱいに干しました。それから部屋の掃除をして、午後からは近所のスーパーへ買い物にでかける予定です。水曜日はお肉の特売日だから、まとめ買いのチャンス!

段落<p>で区切って書くと

<p>今日はとても良いお天気ですね。</p>

<p>久しぶりに晴れたので、たまっていた洗濯物を、ベランダの端から端までいっぱいに干しました。</p>

<p>それから部屋の掃除をして、午後からは近所のスーパーへ買い物にでかける予定です。</p>

<p>水曜日はお肉の特売日だから、まとめ買いのチャンス!</p>

スマホでみるイメージ

段落区切り 文章

フォントサイズや文字間隔によって変わりますが、1段落ごとにまとまった文章で、読みやすくなります

ただし、1段落の行数が多くなると、スマホで読んだ時に行間がなくなってしまい、文字の固まりになってしまいます。

文字の大きさにもよりますが、1段落2~4行以内におさめると良いかもしれませんね。

ブログで見かける<br />改行をいっぱい使った文章

ちなみに、真逆のことを言っているサイトも多々あります!

どういう文章かというと、意図的に改行<br />を使った文章のことで、1行の文字数が少ないから、じつはとても読みやすいです。

こういう文章

今日はとても良いお天気ですね。

久しぶりに晴れたので、たまっていた洗濯物を、<br />
ベランダの端から端までいっぱいに干しました。

それから部屋の掃除をして、<br />
午後からは近所のスーパーへ買い物にでかける予定です。

水曜日はお肉の特売日だから、<br />
まとめ買いのチャンス!

スマホでみるイメージ

パソコン上でみると、圧倒的に読みやすいですよね。ただし、スマホで読むと変なところで改行されてしまっています。

スマホの画面サイズに合わせる方法もありますが、種類が多いですからね~最小に合わせると、1行15~16文字で改行しないといけないですね

それはそれで大変です(汗)

どっちが良い・悪いということでも無いですから、好きな方で書けば良いと思いますけど、忘れてはいけないのが

読みやすいサイト = Googleの評価

です

圧倒的にスマホユーザーが多い時代ですから、いろいろ考えて記事を書かないといけませんよね



できる限り読みやすくするには

無料ブログの場合でも、フォントサイズを大きくしたり、行間に関連性のある画像を入れるなどしてカバーできる部分もありますよね

文字ばかりだと飽きられてしまいますから・・・

見出しが使えるならば、積極的に取り入れるのがベストです。

ワードプレスでしたら、見出しや小見出しを、自動で目次にするプラグインを使って、読者を興味のある見出しに直接誘導すると親切ですよね。

LINK 目次自動生成プラグイン「Table of Contents Plus」

CSSで読みやすさを工夫する

ブログのテーマによって違いがあると思いますが、文字間隔・行間・投稿記事領域の横幅を狭めることも可能です。

まとめ

一番良い方法を決めるのは難しいかもしれませんが、まずできることは

  • パソコンやスマホで自分のブログを何度も確認する
  • 読みやすいと感じた他人のブログと徹底的に比較する

このブログも、頻繁にいろんな場所を変更しています。

「この人のブログ読みやすい!」と思ったら、PCからもスマホからも確認して真似していますからね、文章の書き方もレイアウトも。

これから先も、読みやすい書き方を見つけたら、どんどん真似していく予定で~す(笑)

ブログの書き方や方向性に迷っている人にオススメしたい本はコレ
ブログの書き方や構成を見直すことで正しい運営方法、やり方が見えてくるかもしれません。鈴木利典さんの本はアクセスが増えず悩んだり記事が書けない!そんな時に読みたい一冊です。
トップへ戻る