『Cocoon』細かいカスタマイズ(まとめ&備忘録)CSSコピペでOK!

スポンサーリンク

テーマを『Cocoon』に変更してから行った、すごく細かいところのカスタマイズ備忘録です。

フォーラムの解答を参考に「これイイ!」と思ったカスタマイズも入っているので、よかったらCSSコピペして使って下さいね。

ジワジワ増やしていく予定です

貼り付ける場所基本的には『Cocoon』の子テーマへ貼り付けます。

「ダッシュボード」⇒「外観」⇒「テーマの編集」⇒Cocoon Child: スタイルシート (style.css)

AMPにしている場合は、amp.cssにも貼り付けます。

「ダッシュボード」⇒「外観」⇒「テーマの編集」⇒Cocoon Child: amp.css

Cocoonはスゴイ勢いで機能が追加されています。もしかしたらカスタマイズが既に実装されている場合もありますのでご了承下さい。
スポンサーリンク

スライドインボタンの背景色を変更(モバイル)

Cocoonのモバイル設定で、モバイルボタンレイアウト⇒「スライドインボタン」に設定している場合のカスタマイズです。

モバイル スライドインボタン
通常はボタンの背景色が薄いグレーですが、この背景色を変更してみました。

スライドインボタン

ついでに何気なく半透明にしてみたので、お好みで使えるように両方のコードを紹介します。

スライドイン 半透明




スライドイン背景色カスタマイズ(半透明なし)

/* スライドイン背景色(モバイル) */
.mobile-menu-buttons {
background: #d7b3ff; /* カラーコード */
}

※お好みの16進数カラーコードに変更して下さい。原色大辞典

スライドイン背景色カスタマイズ(半透明)

/* スライドイン背景色(モバイル) */
.mobile-menu-buttons {
background: rgba(215,179,255,0.9); /* RGBA形式 */
}
  • お好みの16進数カラーコードを、RGBA形式に変換します。
  • 上のコードを例とすると「#d7b3ff」を変換⇒「rgba(215,179,255,1)」になります。
  • 「rgba(215,179,255,1)」←最後の数値を0(完全に透明)~1(完全に不透明)の間で指定します。上の例でいうと「0.9」と書いていますが「.9」のように「0」を省いてもOKです。

※透明度(透過)を出したい時に「RGBA形式」で指定します。

子テーマ⇒Cocoon Child: スタイルシート (style.css)やAMP対応の場合は(amp.css)にも貼り付けて使用して下さい。

CSS コピペ

アイキャッチ左上のカテゴリーを非表示

アイキャッチ カテゴリー

追記:Cocoon バージョン:0.5.6以降から『Cocoon設定』→「画像」にて、投稿記事上のアイキャッチに表示されるカテゴリラベルの表示切り替えが可能になりました。

アイキャッチ カテゴリラベル設定

記事上のアイキャッチ画像に表示される「カテゴリー」が、邪魔になったり…ならなかったりする場合は、『アイキャッチラベルを表示する』のチェックを外すだけでOKです。


以下のコードは、Cocoon 0.5.6以降にバージョンアップすれば必要ありません。

/*-- アイキャッチ カテゴリーラベル非表示 --*/
.eye-catch .cat-label {
display: none;
}

ちなみに全ての?「カテゴリー」ラベルを非表示にするには

.cat-label {
display: none;
}

グローバルナビ(メニュー)にFont Awesomeアイコン

CocoonもSimplicityと同様「Font Awesome」のアイコンを使用できるのですが、ナビゲーションメニューへの設定方法が、Simplicityの時とはちょっとが違いました。(知らなかっただけかも…)

半分アイコンをあきらめていたところ、ナイスな方法を見つけたので、ヘッダーナビやフッターナビにアイコンを表示させてみました。

グローバルナビ アイコン

「ダッシュボード」⇒「外観」⇒「メニュー」⇒メニュー構造から、アイコンを表示させたい項目の▼を開きます。

メニュー 項目

例として、メニューの『HOME』にアイコンを入れて『HOME』と表示させてみましょう。

ナビゲーションラベル

ナビゲーションラベル『HOME』の前に←のFont Awesomeコードを入力し、メニューを保存 します。

<i class="fa fa-home fa-fw"></i>HOME

※fa fa-homeの後の fa-fw を追加することで、アイコンと文字の間に少しだけスペース(ほんのチョット)が入ります。必要なければ削除で!

メール』の場合

メール アイコン

<i class="fa fa-envelope fa-fw"></i>メール

Font Awesomeからお好みのアイコンを選んで、●●●●●●を入れ替えて表示させてみて下さいね。

<i class="fa ●●●●●● fa-fw"></i>

参考サイト様 ブロギングライフ Cocoon

グローバルナビ(太文字&アイコン非表示)

グローバルナビメニューの背景を、淡い色に設定している場合、テキストを太字にしてみたら、見栄えもよくなりハッキリした気がします。

グローバルナビ 太字 シャドー

ついでにテキストに影(シャドー)を付けて、メニュー右横の矢印アイコン「」も非表示にしてみました。

/* ナビメニュー 文字*/
#navi {
font-weight: bold; /* 太文字 */
text-shadow: 0 2px 4px rgba(0,0,0,0.3); /* 影 */
}
/* ナビメニュー(アイコン) */
#navi .menu-item-has-children>a::after {
display: none; /* 非表示 */
}

目次を中央配置・枠線・背景色変更

目次 カスタマイズ

  • 目次を中央に配置(文字にあわせて広がる)
  • 枠線色・背景色を変更(薄いグレー色)
  • 文字サイズを、やや小さく(0.9em)
  • 目次の上下に間隔を空ける(1.5em)

目次の下に表示される「アドセンス広告」との間隔が、すこし狭い感じがしたので調整しました。

/*-----目次中央-----*/
.toc {
margin: 1.5em auto; /* 数値で調整 */
background-color: rgba(221,221,221, 0.1); /* 0.1~0.9で調整 */
font-size: 0.9em; /* 必要なければ削除 */
}

枠線のカラーやスタイルを変更する場合

/*-----目次中央-----*/
.article .toc {
margin: 1.5em auto; /* 数値で調整 */
border: 1px solid #cccccc; /* 枠線スタイル */
background-color: rgba(221,221,221, 0.1); /* 0.1~0.9で調整 */
font-size: 0.9em; /* 不要なら削除 */
}

タグクラウドのデザイン変更

タグクラウドを一時的に表示させてみたので、少しシンプル?にカスタマイズしてみました。

タグクラウド カスタマイズ

マウスオン(ホバー時)したときのアクションは、こんな感じです。

タグクラウド ホバー アクション

  • タグアイコン『』を非表示、または別のアイコンに変更する
  • テキストや枠線のカラー、ホバー時のカラーやアクションを変更



タグアイコン『』を非表示にする

/*タグアイコンを非表示*/
.tagcloud a .tag-caption::before {
display: none;
}

アイコンを別のアイコンに変更する

/*タグアイコンを変更*/
.tagcloud a .tag-caption::before {
content: "\f02b"; /*《f●●●》を書き換える*/
}

Font Awesomeからアイコンを選び、Unicode《f●●●》←の部分を書き換えて下さい。

デザインのカスタマイズ(ホバーアクション含む)

/* タグクラウド デザイン変更 */
.tagcloud a {
border-radius: 5px; /* 角の丸み */
font-size: 13px; /* 初期サイズ(12px) */
color: #bf7fff; /* 文字色 */
border-color: #bf7fff; /* 枠線色 */
}

/* タグクラウド ホバー時 */
.tagcloud a:hover {
box-shadow: 0 5px 5px rgba(0, 0, 0, .1); /* 影 */
transition: 0.5s; /* 浮く速さ */
background: #f7efff; /* 背景色 */
color: #bf7fff; /* 文字色 */
}

※変更が不要な箇所は、行ごと削除して下さい。

カラー選びは原色大辞典などが便利です。

このブログに、タグクラウドを常に表示させているとは限りませんのでご了承下さい。

イメージ画像に枠線(表示したい時だけ付ける)

Cocoon設定⇒画像から、画像を囲む枠線のタイプを選ぶことができます。

画像 枠線

ただし、全ての画像に反映されることや、AMPページでは枠線が表示されない(今のところ)など、画像ごとに枠線の表示を使い分けしたい派にとっては悩むところですね

そんな時は、チョットひと手間加えるだけで、枠線をつけたい画像にだけ表示させる方法をご紹介します。(↓こんな感じに)

画像 枠線

『Cocoon』の設定画面から、「画像の囲み効果」を「なし」にして変更をまとめて保存します。

/*------ 画像に枠線-------*/
.waku {
 border: solid 1px #cccccc;
 box-shadow: 0px 0px 2px #cccccc; /* 影(不要なら削除) */
}
  • 『Cocoon』の子テーマへコードを貼り付けます。
    • 「ダッシュボード」⇒「外観」⇒「テーマの編集」⇒Cocoon Child: スタイルシート (style.css)
  • AMP対応は、amp.cssにもコードを貼り付けます。
    • 「ダッシュボード」⇒「外観」⇒「テーマの編集」⇒Cocoon Child: amp.css

使い方

挿入した画像の上でクリックして「編集」⇒「画像詳細」画面を開きます。

画像 編集

「上級者向け設定」を開き、「画像 CSS クラス」の欄にクラス名【waku】と半角文字で入力し更新をクリック

画像 クラス 設定

Cocoon側の設定を変更すると、全ての画像に影響を与えます。AMP対策ならば「amp.css」だけで使用してみるのもいいかもしれません。

アドセンス広告ラベル(スポンサーリンク)

サイト全体のフォントサイズを大きめ(18px)にしているため、アドセンス広告ラベル「スポンサーリンク」の文字を、少し小さくして、文字の色もやや薄くしてみました。

 /*----- AdSense広告フォント -----*/
.ad-label {
font-size: 0.8em;
color: #888;
}
 広告ラベルの表示があまりにも見えにく場合には、Googleから警告があるかもしれません。カスタマイズは自己責任でお願いします。

さいごに

カスタマイズは現在進行系ですので、チョットずつ記録しながら、まとめていく予定です。

WordPressテーマ『Cocoon』に変更Simplicity2後継テーマはマジでスゴイ
7月1日『Cocoon(v1.0.0)正式版』が公開!ユーザー登録なしでのダウンロードが開放です。Simplicity2の後継テーマ『Cocoon』を使って感動した機能のゴク一部を紹介します。劇的に読み込み速度がアップ!アクセス集計機能や目次のデフォルト装備でプラグインが減りました。他にも数え切れないほどの機能が標準装備!
【CSS】シンプルな囲み枠(ボックス)コピペですぐ使える
飾り枠を使って文中や文末に関連記事・まとめ記事、Pickupなど、さり気なく目立たせたい!シンプルで無難な囲み枠・囲い枠(ボックス)を紹介します。CSS・HTMLをコピペでOK!色や太さをお好みでカスタマイズして使って下さいね。新作『黒板風(チョーク付)』と『ホワイトボード風(マーカー付)』自分で作っておいてナンですが…気に入ってます(笑)
トップへ戻る