アドセンス【関連コンテンツユニット】開放♪カードタイプにカスタマイズ

スポンサーリンク

先月の27日にGoogle AdSense広告ユニットの一種で【関連コンテンツユニット】が広告表示付きで開放されるという嬉しい出来事がありました。

さっそく記事にしようと思った矢先、サーバー障害でアクセスできなくなるという不運に見舞われて、モチベーションも下がっていたのですが・・・

気を取り直して!関連コンテンツユニットを「カード形式タイプ」に変更し、「列と行」をカスタマイズしてみました。

AdSense 広告コードの許可されている変更方法です。これらの方法で関連コンテンツのコードを修正した場合は、AdSense プログラム ポリシー違反とみなされません。
スポンサーリンク

関連コンテンツユニットとは?

関連コンテンツユニット

以前、他の方のサイトでよく見かけた、記事下に表示されている、おすすめ記事とアドセンス広告の混ざっている広告が気になって (こういうの ↓ )

関連コンテンツ

「わたしもこの広告にしたい!」

そんな軽い気持ちで探してはみたものの、どこにも【関連コンテンツ】なんて見つからず、いろいろ調べてみると

  • サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要がある
  • 複数のサイトを所有していても、許可されたサイトのみ広告が表示される

ようするに、ある程度コツコツと実績を積んて、Googleに認められたサイトじゃないと使用できない【特別な広告ユニット】だったんですね(汗)

雲の上の存在・・・わたしには無縁・・・

そう思ってあきらめていたのですが、どうやら数年前とくらべると、開放条件が緩和されている傾向にあるらしく?

このたび、当ブログも何の音沙汰もなく、突然【関連コンテンツ】が開放されていました。メールもなかったです(笑)

【関連コンテンツ】開放の条件は?

開放の条件は公表されていないため、さまざまな憶測が都市伝説のように囁やかれています・・・たとえば

  • 1日のPV数:1,000PV以上
  • ひと月のPV数:20,000PV以上(数ヶ月安定している)
  • 記事数:100以上
  • 振込実績:あり

ただ、これらをクリアしていれば開放されるとは一概にいえないようで、はるかに上回っていても開放されない場合や、逆に少ないPV数や記事数でも開放されていることもあるようです。

  • 1日のPV数:400~800PV程度
  • ひと月のPV数:10,000PV前後
  • 記事数:70以下
  • 振込実績:なし

実際このブログも、ひと月のPV数は平均すると20,000PVくらいありますが、一日のPVは1,000PVを超えたことは数回程度です(汗)

そんな当ブログでも、いきなり広告表示付きで開放されていますので、【関連コンテンツ】が使えるようになることを、ひとつの目標とするとモチベーションがアップするかもしれません。

Google公式 サイトで関連コンテンツ ユニットを利用できるかどうか確認する

※【関連コンテンツ】ユニットの開放には、「広告表示なし」からスタートする場合もあり、『広告オプション』が表示されていると広告付き関連コンテンツを表示することができます。
広告オプション 収益化

行と列とカード形式タイプにカスタマイズ

関連コンテンツ レスポンシブ

  • まず一般的には、「新しい関連コンテンツユニット」の作成画面から、サイズで「レスポンシブ」(Google推奨)を選び、取得したコードを《body》と《/body》ダグの間に貼り付けます。

コードスニペット

  • WordPressならば『ウィジェット』の「テキスト」を使い、好みの場所に表示させて終了です。

カード形式タイプ&列と行をカスタマイズ

このブログはテーマで、本文領域(記事の部分)の幅を少しだけ狭くするカスタマイズをしています。

そこに上記の手順通り、関連コンテンツをレスポンシブで表示してみると、2行4列がギューっと狭めて表示されてしまい、なんだか窮屈で見栄えも悪い・・・

これは ↓ イメージですが、実際にはもっとギュッとしてました(笑)

狭い

そこで、3行3列にカスタマイズし、ついでにカード形式(影を付けたタイプ)にしてみました。影を付けるのがマイブームだからです(笑)

関連コンテンツ カード形式タイプ

こんな感じ ↑ に仕上る【AdSense 広告コードで許可されている変更方法】を紹介します。

Google公式 レスポンシブ対応の関連コンテンツ ユニットをカスタマイズする方法

基本的なカスタマイズ方法は、公式ページにあるのですが、かなりつまずいてしまったので、少しでも参考になればと思います。

  • サイズに「レスポンシブ」を選び、コードを取得するまでは同じです。
  • コード内に、許可されたレイアウトのパラメータを追加します。

ということで、『3行3列・カード形式タイプ』にするコードは、このようにパラメータを追加します。

テキストの上に画像を配置してカード内に表示する

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"
  • “XXXXXXXX”と”1234567890″はご自分のコードに置き換えて下さい
  • “image_card_stacked”=テキストの上に画像を配置するカードタイプ
  • rows = 行、columns = 列

PCとモバイルで同じ表示になります。わけて表示させるには「,」で区切ると、前の数字がモバイル、後の数字がPCとなります。

data-matched-content-rows-num="3,4"
data-matched-content-columns-num="1,3"

Simplicity2のように、テキストウィジェットがPC用とモバイル用に分かれているテーマの場合、それぞれのコードを分けて記載する方が簡単かもしれません。(わたしはそれで上手く表示されました。ちなみにモバイルはレスポンシブのコードをそのまま使用中)

※注意点として、追加する行の順序が違うと表示されないことがありました。10分~20分くらいしても表示されない場合は、コードミスや順序も確認してみて下さい。

まとめ

もっと簡単にカスタマイズ出来ると思っていた【関連コンテンツ】ユニットでしたが、少し手こずってしまいました(汗)

カード形式タイプで紹介しましたが、他にも「テキストのみ」「画像とテキストを横に並べて表示」などが選べ、列や行を変更すれば、レスポンシブタイプでもオリジナルの【関連コンテンツ】が作れます。

関連コンテンツ レイアウト
少し面倒ですが・・・ぜひチャレンジしてみて下さい~

AdSenseワンクリック収益確認&自己クリック防止【Google Publisher Toolbar】
ブログを頻繁にカスタマイズしたり記事を更新したり、過度な広告表示はインプレッションに影響を与えポリシー違反になってしまうことも!Chrome拡張機能「Google Publisher Toolbar」を入れておくと安心!誤クリック防止に見積もり収益まで見れちゃう便利ツール。
トップへ戻る