Google AdSense『自動広告』を設置してわかったメリット・デメリット?

スポンサーリンク

2018年2月20日からサポートが開始された? AdSenseの『自動広告』を設置してみました。

というのも、21日にログインしてみたら『自動広告』を開始しませんか?てきな表示が出ていたので、ものは試し・・・ 早速ためしてみることに!

どんな感じで表示されるのか様子をみている段階ですが、場合によっては設定の変更も必要だったので、現時点での状況を書いてみました。

※後日、不都合が起きたため、設定を変更しました。
→ アドセンス『自動広告』設置してわかったON・OFFおすすめの広告表示
スポンサーリンク

Google AdSense『自動広告』とは?

アドセンス 自動広告 設定

  • Googleの機械学習技術を使用し、最適なタイミングで最適な場所へ表示される広告
  • 1つのコードをサイトの <head> </head> タグの間に貼り付けるだけで使用できる
  • すでに掲載しているGoogle広告を検出し、ページのレイアウト、コンテンツの量など、さまざまな要素に基づいて、自動的に新しい広告を掲載する
  • ほとんどの広告を表示設定できる
    • 「テキスト広告とディスプレイ広告」
    • 「インフィード広告」
    • 「記事内広告」
    • 「関連コンテンツ」
    • 「アンカー広告」
    • 「モバイル全画面広告」
  • URLグループを作成して、グループごとに表示設定ができる
    • 例えば、Aのサイトには「アンカー広告」を表示させ、Bのサイトには「アンカー広告」を非表示、「モバイル全画面広告」を表示させる。
    • 特定のページだけ広告を非表示にするなどの、表示設定を変更できる。

『自動広告』に移行した場合、「今まで設置していたアドセンス広告はどうなるの?」「外さないといけないの?」そこがものすごく不安だったのですが

設定済みの広告を自動で検出して、必要ならば最適な広告を表示してくれるそうです。安心しました。

AdSense『自動広告』のメリット

  • アドセンス広告を「どこに貼ろうか?」と考える必要がない
  • 手動やプラグインで、記事中に広告コードを挿入する必要がない

テーマやプラグインにもよると思いますが、いままでは1つ目のh2タグ(見出し)の上に自動表示し、その他は文字数によって手動(ショートコード)で広告を貼っていました。

自分では最適に広告を貼っていたつもりだったので、『自動広告』を設置しても、これ以上の広告は表示されないのでは? と思っていたのですが・・・

記事によっては、「記事内広告」や「インフィード広告」が追加されて表示されていました。

もっと広告を貼っても良かったのかもしれませんね(笑)

まとめ『自動広告』を設置しておくと、手動で配置したアドセンス広告が少ない場合、最適に補って表示してくれる。

AdSense『自動広告』のデメリット?

デメリットというか、わたしにとって、ちょっと困ったことが起こってしまいました。

『自動広告』の設定で「テキスト広告とディスプレイ広告」を有効にしてみると、ページ上部にあるグローバルナビ(メニュー)下に、【ビッグバナー(728×90)】が表示されてしまいました。

もちろん好みですけど、デザイン的に「どうしよう・・・」と悩んでしまい、さらにスマホで確認してみると、このように ↓

アドセンス 自動広告 スマホ

スマホ画面上部のメニュー(ハンバーガーメニュー)に、アドセンス広告がカブっています(汗)

メニューの表示方法を変更したり、CSSでカスタマイズできるのでしょうけれど、できればメニューアイコンで、これ以上領域を狭くしたくない…なによりも面倒!

というわけで、「テキスト広告とディスプレイ広告」の表示を無効(OFF)にして解決しました。

表示したくない場所にも表示されてしまうのが、デメリットかもしれません。

まとめ

  • 必ず広告を表示したい場所には、今まで通り『手動で広告を配置』する
  • 『自動広告』を設置して、最適な広告表示をGoogle AdSenseにお任せする

すぐに収益につながるかどうかはわかりませんが、手動と併用して調整すれば、保険をかける意味で設置しておいても損はないかもしれませんね

しばらく様子をみてみます。

AdSenseワンクリック収益確認&自己クリック防止【Google Publisher Toolbar】
ブログを頻繁にカスタマイズしたり記事を更新したり、過度な広告表示はインプレッションに影響を与えポリシー違反になってしまうことも!Chrome拡張機能「Google Publisher Toolbar」を入れておくと安心!誤クリック防止に見積もり収益まで見れちゃう便利ツール。
【CSS】シンプルな囲み枠(ボックス)コピペですぐ使える
飾り枠を使って文中や文末に関連記事・まとめ記事、Pickupなど、さり気なく目立たせたい!シンプルで無難な囲み枠・囲い枠(ボックス)を紹介します。CSS・HTMLをコピペでOK!色や太さをお好みでカスタマイズして使って下さいね。新作『黒板風(チョーク付)』と『ホワイトボード風(マーカー付)』自分で作っておいてナンですが…気に入ってます(笑)
トップへ戻る