ヘミシンクCD『内なるガイドにつながる』自己流の聴き方・やり方

スポンサーリンク

ヘミシンク(Hemi-Sync)での感じ方や体験は、人それぞれ違いますから「何が正しい」「こうしないとダメ」というのは、無いと思いますが

わたしには相性がいい?(いろいろな体験をしている)ヘミシンクCD『内なるガイドにつながる』を聴くときに行っている方法というか……手順を書いてみます。

ヘミシンクをする時には、メンタルツールで準備のプロセスを行うのですが「メンタルツールって何?」って方は、ぜひ基本を覚えてヘミシンクに取り入れてみて下さいね。

『内なるガイドにつながる』は、ヘミシンクCDの中でも手頃な価格なので、持っている方も多いと思いますが「これといった体験が出来なかった!」といって売り飛ばしてしまう前に、ぜひ1~2週間、再チャレンジしてみて下さい♪

『内なるガイドにつながる』以外のヘミシンクCDでも応用できる部分はあると思います。

スポンサーリンク

メンタルツールは重要です!

実は、家庭学習シリーズ『ゲートウェイ・エクスペリエンス(Gateway Experience)Wave Ⅰ Discovery(発見)』で、ヘミシンクをする上でかなり重要なメンタルツールを学びます。

ゲートウェイ・エクスペリエンスを飛ばして、単品のヘミシンクCDから入られた方は、メンタルツールの存在すらご存じないかもしれません。

家庭学習シリーズ『ゲートウェイ・エクスペリエンス(Gateway Experience)』から学んでいる場合、必ずといってよい程、メンタルツールで準備を行ってからヘミシンクを始めます。

メンタルツールはいくつかありますが、おさえておきたいのは基本になるこの4つですので、ぜひ覚えて取り入れてみて下さいね。

  1. エネルギー変換箱(Energy Conversion Box)
  2. レゾナント・チューニング(Resonant Tuning)
  3. 共鳴エネルギーバルーン「リーボール(REBAL)」
  4. アファメーション(Affirmation)

エネルギー変換箱

エネルギー変換ボックス

英語では、エナジー・コンバージョン・ボックス(Energy Conversion Box)略して「ECB」とも言われている箱。

好きな形や色の箱をイメージして創り出し、雑念やネガティブなイメージを入れ、ポジティブなエネルギーやプラスに変わるように変換する箱です。

宝箱、ゴミ箱、ダンボール箱、掃除機…なんでもOKですので、イメージしやすい物を創ってみます。

ちなみに、イメージした箱はいつか変化することがあるかもしれませんが、それはそれでOK決まりはないので自由に~

わたしの場合、『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出てくるような宝箱を使っていますが、今ではその箱にボタンが加わり、ボタンを押すと自動で不要なエネルギーや雑念を吸い取ってくれるように変化しました。楽チンです。

私の変換すべき全てのエネルギーや、ネガティブなイメージ、身体の疲れ、腰の痛みなど…全て自動で入ってしまいなさい!

こんな感じの内容を、エネルギー変換ボックスに自動で入る(吸い取ってくれる)ようなイメージをしていますが、あくまでも私のやり方なので、自由にやってみて下さいね。

※人や生き物を変換ボックスに入れるのはNGです。

レゾナント・チューニング

レゾナント・チューニング

レゾナント・チューニング(Resonant Tuning)は呼吸と声を使ったエクササイズで、生命エネルギー流れをスムースにし、活性化させます。と「ヘミシンク完全ガイドブック」に書かれています。

私は持っていませんが、このエクササイズだけを行うCDも販売されている程なので、効果的なメンタルツールといえるでしょう。

ゲートウェイ・エクスペリエンス(Gateway Experience)』の場合は、ハミング音が流れてくるので、それに合わせ「アー」や「ウー」など自分でやりやすい母音(アイウエオ)を声に出していますが

『内なるガイドにつながる』などのCDにはハミング音が入っていないので、自分のペースで声を出して(大声を出す必要はありません)、身体のどこかの部分に共鳴(振動)するよう、いろいろ試してみましょう。

『ヘミシンク完全ガイドブック』によると、ロバート・モンロー氏はアゴの角度を変え共鳴を調律していたそうですので、自分なりのレゾナント・チューニング法をみつけてみて下さい。

大きく息を吸い(プラスのエネルギーを吸い込むイメージ)一旦止め、手足の先から吐き出すように(マイナスのエネルギーを吐き出すイメージ)、時間をかけてゆっくりと「アーーー」と声を出しながら吐き出します。

あくまでも私のやり方ですが、普段はこのような感じで行っていて、CDにもよりますが『内なるガイドにつながる』の場合は、このレゾナント・チューニングを3回くらい行います。



共鳴エネルギーバルーン(リーボール)

共鳴エネルギーバルーン

共鳴エネルギーバルーン(Resonant Energy Balloon)、モンロー研究所では略して「リーボール(REBAL)」と呼んでいる為、以降リーボールと呼びますが

望ましくない外部のエネルギーをブロックし、望ましい外部のエネルギーをバルーンの内部に引き寄せるためのもので、モンロー研究所では「あなたの内面と周囲に、高次のエネルギー状態を創り出すための大切なツール」と言われているようで

個人的にもメンタルツールの中で、一番重要だと思っていて、これを覚えると日常でも役立てることができ、実際にネガティブな気を受けやすい場所(例えば病院とか)や、職場内でもピリピリとした嫌~な雰囲気の時に、リーボールを作っています。

【基本的なリーボールの作り方】

1.頭から噴水のように流す

頭からエネルギーを噴水のように噴出し、足の裏から体内に取り込み、体内に入ったエネルギーを足から頭の方に上げて行き、再び頭から噴水のように噴出します。

1と2の循環を何度か繰り返していきます。

2.螺旋状に回す

噴水の時のように、頭からエネルギーを下ろし足裏から取り込みますが、今度は体の周りを螺旋状に回して下ろして行き、足の裏から取り込みます。

右回り・左回り・両方など、何度か繰り返していきます。

3.繭(まゆ)状のものをイメージ

1の噴水と2の螺旋状を繰り返していると、マユ状の膜のようなものが出来上がり、全身が包まれたイメージになります。


これでリーボールは完成ですが、あくまでも基本の作り方ですので、人によってはマユ状ではなく、風船やボールだったり、しゃぼん玉や寝袋の中に入っているイメージの場合もあるようです。

私の今のリーボールは、透明のビニールで出来ている風船のようなもので、その日によっては薄紫色だったり白かったりすることも・・。

アファメーション

アファメーション

アファメーション(Affirmation)とは、心のなかで唱える「宣言」です。

私は肉体を超える存在です。私は物質を超える存在ですので、物質界を超えるものを知覚することができます。それゆえ、私と私に続く人たちにとって有益でプラスになるような、物質界を超えるエネルギーとエネルギー系を広げ、経験し、知り、理解し、制御し、使うことを心より望みます。さらに、その知性と発展段階および経験が、私と同格か、あるいは同格以上の知的生命体の手助けと協力、助力ならびに理解を心より望みます。

引用元:「ヘミシンク完全ガイドブック

この全文を暗記しても良いのですが、ポイントを押さえてれば文章を変更して、自分なりのアファメーションを作ってもOKです。

  1. 私は肉体を超える存在です
  2. 物質界を超える世界とエネルギーを体験し、理解することを心から願います
  3. 奉仕します
  4. 私と同じか、私以上の知的生命体の理解と、導き、守護をお願いします
  5. 感謝します
  6. 今回の目的を宣言(例えば、「今回はガイドの導きで○○をします…」など)

1~5までのニュアンスを含む文章を作り、覚えてしまうまでは印刷して壁に貼っておくといいかもしれませんね、私はそうやって覚え今でも貼ってあり、アファメーションの最後に6(今回の目的)を加えるようにしています。

スポンサーリンク

メンタルツールを取り入れた『内なるガイドにつながる』の聴き方

基本になる4つの準備プロセスを『内なるガイドにつながる』を例にして、取り入れていきます。

  • エネルギー変換箱(Energy Conversion Box)
  • レゾナント・チューニング(Resonant Tuning)
  • 共鳴エネルギーバルーン「リーボール(REBAL)」
  • アファメーション(Affirmation)

最初の音声ガイダンスが流れ「・・・あらたな段階へ向かうようオススメします・・・(約1分17秒)」の後に約50秒ほど音声が途切れるので、その間に「エネルギー変換箱」を行います。

次の音声ガイダンスが途切れた時「・・・両目から息を吐き出すようにして、両目をリラックスさせていきます(約3分21秒)」の後、約2分10秒ほど音声が途切れるので、その間に「リーボール」「アファメーション」を行います。

※『内なるガイドにつながる』では音声ガイダンスに従い、呼吸を使ったエクササイズが行われるので、私の場合は「レゾナント・チューニング」を行っていませんが、体験を深めるために取り入れてみるのも良いかもしれません。

時間が足りない場合CDを一時停止したり、音声ガイダンスと重なっても特に問題はありません。むしろ義務的に行うよりも、慌てずにゆっくりと気持ちを込めて行うことが大切です。

聴き流すだけでもOK!続けることが大事

基本の準備プロセスを加えてヘミシンクを行うと効果的ですが、余裕がない時には、ただ聴きながら寝るだけでも大丈夫なので、1~2週間は続けてみてください。

私の場合も挫折しかけていたところ、有名ブロガーさんが「聴き流すだけでもいいので続けること・・・」と書かれているのを発見し、スマホに付属していた純正のイヤホンで毎日聴きながら寝ていたところ・・・おもしろい体験が始まりました。

寝るのを前提なのでヘッドフォンは使用していませんでしたが、それでも体験はできていますので、道具はそれほど重要ではないかもしれません。

ただし、起床時にフラっとしたり、ボーっとするかもしれませんので、必ずグラウンディングを行って、こちらの世界にしっかりと意識を戻すようにしましょう。

『内なるガイドにつながる』を例に書いてみましたが、他のヘミシンクCDでも準備プロセスは基本で効果的ですので、ぜひ参考にして取り入れてみて下さい。

部屋の中を歩き回ったりコーヒー飲んだり…プチ体外離脱【体脱No.8】
またもヘミシンクCD『内なるガイドにつながる』で体外離脱。部屋の中をチェックしながら、壁抜けはできる?コーヒーは飲める?「現実世界」と「異世界」の違いを体脱中に調査していた体験談です。
ヘミシンクで恐怖体験!じつはガイドの導きによる体験の前触れかも
ヘミシンクでの不思議体験。まるの日圭さんのブログに「ガイドが体外離脱のお手伝い」をしているとの記事を発見し、やっと自分の体験と繋がりました。
トップへ戻る