最近、目の調子が悪くて更新頻度がおちています ><

【女性の更年期】女性ホルモン「エストロゲン」が減るとどうなるの?

スポンサーリンク

『エストロゲン』という言葉をよく見聞きすると思いますが、女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり

なかでもエストロゲンが減少することによって、更年期女性の体調に、さまざまな悪い影響を与えるといわれています。

エストロゲンが減ると、どういったことが起き、カラダにどんな影響を与えてしまうのか・・・

エストロゲンの働きを理解して、更年期をじょうずに乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク

年齢によるエストロゲン分泌量の変化

エストロゲンは女性のさまざまな機能を保つための重要な働きをし、乳腺や子宮、生殖、心臓や血管、皮膚、骨などに大きくかかわっています。

ライフサイクル

  • 小児期
    • 卵巣の中で準備がはじまる
  • 思春期(8歳~18歳)
    • エストロゲン分泌がはじまる → 月経がはじまる
  • 性成熟期(18歳~45歳)
    • 月経の周期が安定 → エストロゲン分泌量がピークになる
  • 更年期(45歳~55歳)
    • 卵巣の働きが衰える → エストロゲン分泌量が減少 → 閉経
  • 老年期(55歳~)
    • エストロゲン分泌が終わる → 子宮や卵巣が委縮し小さくなる

更年期にはいると、エストロゲンの分泌量が急激に減少することで、心やカラダにさまざまな症状や変化があらわれ、バランスを崩してしまう事もあります。

ですが、感じ方や症状には個人差はあっても、女性なら誰もが通過するライフサイクルの一つにすぎません。

エストロゲンと自律神経が乱れる関係

40代から分泌量が減少しはじめ、40代後半になると、エストロゲンを分泌する卵胞の数が急激に減少します。

そのため、エストロゲン分泌量の減少も加速し、50代に入る頃には卵胞が殆どなくなってしまい、月経もなくなり「閉経」します。

卵胞が減少することによって卵巣の機能が低下しているため、視床下部(ししょうかぶ)や下垂体がいままでのように卵巣にむかって

「ホルモンの分泌量が足りない!」

と指令を出しても、卵巣がエストロゲンを十分に分泌することができず、視床下部が混乱してパニックになってしまいます。

POINT視床下部は「ホルモンの分泌量が足りない」と情報を受け取ると「もっと出して」と指示を出し、女性ホルモンが一定量になると「もう出さなくていい」と指示します。このように、一連の流れに沿った連携をフィードバック機構といい、視床下部、下垂体、卵巣の連携で分泌量が調節されています

【視床下部】のはたらき

  • 自律神経機能の中枢
  • 代謝機能
  • 体温調節機能
  • 心臓血管機能
  • 内分泌機能
  • 性機能

カラダの重要な部分をコントロールしている視床下部は、混乱することで自律神経にも影響をあたえることがあります。



自律神経が乱れるとどうなる?

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」2つ種類があり、自分の意志では”コントロール”できない自律した神経です。

  • 交感神経
    • 運動や体を動かして活動している時
    • 緊張している時
    • 興奮している時
    • ストレスを感じている時
  • 副交感神経
    • リラックスしている時
    • 眠っている時
    • ゆっくりと食事をしている時

このように、血圧、心機能、気管、、消化、発汗、など様々な機能をコントロールしている、とても大事な神経ですので

視床下部が混乱することで自律神経が乱れると、更年期障害(自律神経失調症の1つ)といわれる、さまざまな症状をひきおこすことがあります。

【更年期障害の主な症状】

  • のぼせる・ほてり・多汗
  • イライラ
  • 気分が落ち込む・不安
  • 寝つきが悪い・不眠
  • 動悸・息切れ
  • めまい・頭痛・耳鳴り
  • 目・口・皮膚の乾燥・かゆみ・肌のトラブル
  • 月経不順・不正出血・性交痛
  • 疲労感・倦怠感・無気力
  • 毛髪の変化
  • 肩こり・腰痛・関節痛・手足のしびれ
  • 尿漏れ・頻尿
  • シワ・たるみ・ハリ・くすみ・シミ
  • 手足の冷え・むくみ
  • ドライアイ・眼精疲労・老眼
  • 骨粗しょう症
  • 肥満・高血圧・動脈硬化
スポンサーリンク

「動脈硬化」と「骨粗しょう症」

エストロゲンの減少と、深くかかわりがある代表的なものに、血管・骨・心臓への変化があげられ

なかでも「動脈硬化」や「骨粗しょう症」を予防するための、生活習慣や食生活の見直しが大切といわれています。

動脈硬化

エストロゲンの働きには、動脈硬化の原因となる血中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の増加を抑え、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を抑える働きがあり

女性ホルモンの分泌が盛んな時期(月経がある)には、動脈硬化・心臓病・高血圧などの病気になりにくいのですが、エストロゲンが急激に減少すると体質に変化がおこります。

  • 内臓脂肪がつきやすくなる
  • 太りやすく痩せにくい体質に変化
  • 狭心症・心筋梗塞などのリスクが高まる

動脈硬化 コレステロール

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

閉経後、エストロゲンが急激に減少することで、カルシウムの吸収や骨の形成とのバランスがくずれ、骨密度が低下します。

骨がスカスカの状態になってしまうと、骨が折れやすい・腰が曲がる、といった症状があらわれることもあり、『骨粗しょう症』が起こりやすくなります。

骨粗しょう症

さいごに

これらの疾患は突然おきるわけではなく、自覚症状がない場合でも、更年期からジワジワ進行していると言われています。

エストロゲンの働きによく似た大豆イソフラボンを摂取するため、大豆製品を積極的に取り入れたり

カルシウムを多く取ることで骨密度の低下を補うなど、食生活や生活習慣を見直すことも大切ですね。

トップへ戻る